スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

7SEEDS感想!最終章2(フラワーズ6月号)

      2017/10/06

Pocket

月刊flowers(2017年6月号)掲載、

田村由美先生の「7SEEDS」、

「最終章2【-絶域をゆく-】(ぜついきをゆく)」の感想です!

※絶域…遠く離れた土地。遠い外国


「7SEEDS」感想一覧はコチラから→

スポンサーリンク



感想

7SEEDS 最終章2 掲載、「月刊flowers 6月号」

前号予告で「最終回まであと2回」告知があったので、今回は「ああ…もう終わりだなぁ」と思いながら読みました。

今回一番気になっていたのが要さんがどうなったか…。

冒頭、ふと「家路」が流れたような気がして、わけもなく胸が詰まり、意味なく目に涙が滲む安居…。

あー… こりゃ完全に要死亡フラ… はとりあえず置いといて!w

新(あらためて考えると「あらた」って女の子向けの名前じゃないよね…)の誕生にしみじみする面々…。

今までチャラチャラフニャフニャおどおどしてた流星も、父となってようやくしっかりした…かな?

そんでもって、クモの糸ビッチリ!で「どうすんの?」状態だった方舟!

今回も都合良く操作方法が書いたファイルが見つかりw 一行は動力であるスクリューを動かす為に奔走!

スクリューを動かす為にナツがかなり活躍したんですが、そこは一応書いていたものの、どうしても必要なエピでは無いんで後からカットしました。(今回80Pもあったので書いても書いても終わらなかった。)

場面は変わり、茂の眠る岸壁下まで戻って来た安居達。

(はて?安居達はどこ行ってたんだったかな?
まつりがダイ?を追いかけてポテポテ歩いて行っちゃったのを連れ戻しに行ってただけ?他に何かしに行ってたっけ?)

屍蠟化(しろうか)した茂を遂に引き上げた安居と涼君ですが、茂が今まで姿を保っていられたのも低温で湿潤な環境下であったからこそ。

茂の体はとても脆く、恐らく運んでいる内に崩れ去ってしまう…。

まつりが「ちまきちゃんが絵に描いてくれる」って涼君に呟くんですけど、多分そこまで持たないんじゃないかなぁ…。
夏Aの皆と再会させてあげて欲しいですけどね。

そうして、準備を整えた3人は岸壁の前に対峙します。
が、岸壁を前にして、とてもこんな所登れない!とばかりに足が震えだしてしまうまつり!

安居の「一人で戻らせるか?」が適当過ぎてアレですがw
(時間無いのわかってんのかw)

ここで涼君の

「登れ」
「連れて行く」

「こいつはオレには必要だ!」
発言キタ━━゚+.(・∀・)゚+.゚━━!!

ギャ…ギャッコイイ…!!(萌)

涼君がまつりを憎からず思っている事はわかっていたので、いつデレてくれるかと思っていましたが…!!

ようやくこの日が…!!
(全然デレてねー)

なんとか涼君とまつりも出来上がりそうかな?
(それともちょっと前進、恋人未満で終わっちゃう?)

「こいつはオレには必要だ!」って涼君が宣言した後、安居がフッてカンジで微笑んでんのがまたいい!

まつりは空の章10で涼君を激怒させて「もう嫌われちゃった」って思ってたし、自分は岸壁登れないし、見捨てられる&置いて行かれてもしょうがないって思ってたハズ。

ところがまさかの涼君の「オレが支える。必ず連れて行く」発言で涙ブワーッ!!
読んでるコッチも感動です…!!

涼君はひたすら目のアップでしか描かれてないんだけど、その瞳に強い意志と優しさが見える気がする…!!

そうして、「それ大丈夫なの!?」と言いたくなるけどw まつりを前、涼君を背後に、クモの糸でお互いの体をくくりつけて岸壁を登る事にします!!

(ここで再び涼君がポニテに!!涼君のポニテ姿がめっちゃ好き!!カコイイ!!)

の前に、牡丹さんからの通信。

「そこから出たら2人はまず私服を持ちなさい」

…なんで??(・∀・)?

これちょっと前にも言ってなかったかな?
安居も意味わかってないし私もわからん…。

もう施設に縛られなくていいんだよーって事?
皆一緒のジャージを脱ぎ捨てて、一人ひとり違う新たな道を生きろって事?

でもそもそも他に服なんて無…。
(くるみに布織って貰う?そもそも夏Aなら自分達で布から服作れるか…)

多分コレは次回意味がわかるはず。

ここで場面はまた方舟へ。
(今回もうすっごい場面コロコロ変わる。ムリして詰め込まなくても普通に40P位であと5回でも6回でも掲載すればいいのに。田村先生が一気に読ませたかったのかな?)

蝉丸のハンドル操作で急回転を始める方舟!
でもそれだけじゃ方舟にクモの糸がくるくる絡みついて終了!になりそうですけどw

多分、方舟が設置されている空間の地面とか壁と、クモの糸がくっついてたんでしょうね。
で、それが引きちぎられたカンジ。

こんだけゴンゴン壁とかに激突しまくったら方舟も壊れちゃいそうですけどw
そこは突っ込んではいけない所なんでしょうww

クモの糸から逃れた方舟は海上へと浮上していきます!
これで方舟チームの無事は確保!(安居チームももう大丈夫のハズ)

ここで残りの新巻さんチーム。

線路を登るはずだったものの、ケーブルカーが使える事がわかって、後は脱出一直線。
しかし嵐が孤立してしまってどうしよう!状態。

嵐は自分を助けてくれたし花の為にも置いていけない!の新巻さんと、自分を置いて先に行け!の嵐のすったもんだ。

以前新巻さんが死にそうだった時に嵐が
「貴方が死んだら花が悲しむから貴方は死なせない!」
って新巻さんに言った事があって、

今回新巻さんが嵐に
「嵐君こそ死んだら花さんがもっと悲しむから死なせない!」
って言うんですけど、

それに対して嵐が
「違うんですよ新巻さん。オレだけがそれをしていい人間なんです。」
って言ったのが何とも傲慢だと感じました…。

なんかどんどん嵐が苦手になっていく…。

そんでもって
「花は自分の気持ちをわかってるから大丈夫。そうだよな?」
って嵐に言われて、直前までガタガタしてたのに
「うん!」とか言っちゃって、その後またガタガタしちゃう花もなんだかなぁ…。

「なんなんだコイツラ…二人だけの世界か…」ってちょっと思ってしまいました。

嵐には「私は大丈夫!」って強がったんだろうけど、そんな強がり要らないし。
今回ナツの前で泣いたのは進歩だと思ったけど、まだまだ他人には弱みを見せられないんだなぁ。

とここで、二人のやりとり?を聞いていた新巻さんがまたまた冬山へトリップ!w

今までも「自分は愛を知らないんだ…」「たった一人残された…」とか落ち込んだりしてましたけど、今回ようやく自分は「一人残された可哀想なヤツ」じゃなくて「幸せ者」だったんだと気付いた新巻さん!

これで新巻さんの心も完璧に救われたかな。
もう冬山の吹雪と美鶴を思い出すこともきっとないでしょう…。

あとは愛を知るのは「あゆ」となんでしょうかね…。
(でもこの二人はそこまで進展しなさそうかな?)

さて…、ここで最も気になっていた部分にようやく触れる時が…。

要…さ…。

くるみと流星の元にようやく辿り着いた苅田達。

最初に皆が幻覚を見た「暖炉の部屋」まで戻る為、虫食い穴を一つ一つ確認する事にし、穴へと入っていく苅田…。

そこで苅田が目にした手袋…。

しかしそれは手袋ではなく…蟻に食いちぎられた手首…!!

うわあああああああああ!!
やっぱり要さん死んでるじゃんかよぉぉおおおおーっ!!

ヒドイ… ヒドイよ…。

もうヤメてよぉぉ…。
前作BASARAも最終回で揚羽死んだじゃんよぉぉ。
主要キャラを殺さんでおくれよ…。

前回の引きでもう要さんが助かる事は絶対無いってわかってたけど…。辛すぎる…。

でもそうだよね…。アリに襲われたんだからこうなって当然…。

前回

どうかせめて誰かは要の最後に立ち会って欲しい!!一人で散らないで欲しい

って書いたんですけど、結局要さんの死の確認者は苅田となりました…。

でも苅田は手首が要さんのものだとわかったのかな?
単に「誰か」だと思ってて、地上に出た時に

苅田「アレ?皆居る!実は洞窟で~!」
誰か「そう言えば要さんは!?」
「!!!」

みたいな展開なのか、

皆で集まった時に要さんが居なくて、安居とかが「逃げたのか」とか要さんの事を悪く言って、それに対して苅田が「要(百舌)さんは既に…」って風になるのか…。

それで花や安居達が「もっと聞きたい事があったのに…!!」って涙する展開なんだろうと思います。

あ、あ!でもまだ手首は取られたけど生きてるって可能性もあるかも!?
(まぁ無さそう…。揚羽と一緒で「自分が逃げたら守りたい人が救えない」から。だから最後の最後まで戦う。)

まだ一つ気になるのは、「暖炉の部屋」までの辺りがアリだらけって事です…。

火災やなんやかやで居なくなってるのか?
まだまだアリとのバトルがあるのか?気になる所です。

アリの事を除けばこのチームももうゴールルート。

お蘭達もゴールルート。
(牡丹・秋ヲ・のび太・蛍・鷭)(藤子とちさは外?)

残るは嵐とひばりだけが孤立状態!

嵐は縦坑うんぬんの時からの予想通り、小瑠璃が助けに行ってゴールでしょう。
(散々「風が強い」だの「風が縦坑に吸い込まれてる」だの、風を読んでいる小瑠璃の描写があったので、縦坑を使う&小瑠璃が助けに来るのは既定路線。)

あとはひばりを誰が助けに行くかですね。
角又辺りが行くんでしょうか。

最終回については田村先生が「皆さんが予想している通りだと思う」とインタで仰っていましたが、

私がずっと考えているのは、全員が一つの場所に集まり、さらには外国からも人が来たりして、花あたりの「これからもここで生きて行く!」ってモノローグが付いてエンドですw
さてどうなるか。

次号は7SEEDS総表紙&巻頭カラー100Pに、A3超BIGメモリアルポスター付き!

最終回掲載の「月刊flowers 7月号」は5月27日(土)頃発売予定です!

スポンサーリンク




 - 漫画