スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。

7SEEDSネタバレ感想!空の章12(フラワーズ4月号)

      2017/04/06


月刊flowers(2017年4月号)掲載、

田村由美先生の「7SEEDS」

「空の章12【-勇気-】」のネタバレ感想です!


「7SEEDS」ネタバレ一覧はコチラから→

スポンサーリンク



嵐が危険を冒してまで方舟が海へと出る為の天井の出口を開けてくれたにも関わらず、浮上して行かない方舟!

モニターに映る外の様子を見つめていたナツは、方舟の周りに蜘蛛の糸が漂っている事に気づきます!

方舟の周りに漂う無数の水グモ。

方舟の外には、その水グモ達が張り巡らせた蜘蛛の糸がビッシリと絡みついており、その蜘蛛の糸に引っ張られているせいで浮かんで行く事が出来ない方舟!

一方、方舟の操作盤の操作を終え、崩れかけの通路に居る嵐は、犬のダイに向かって蜘蛛の糸玉を放り投げます!

蜘蛛の糸玉を口でキャッチしたダイは、嵐の指示通り、近くにあった扉の取手のようなものに糸玉をくぐらせます。

再び落ちて来た糸玉を、もう一度同じようにくぐらせるようにダイへと放り投げる嵐。

何度か同じ事を繰り返し、蜘蛛の糸はしっかりと取手に固定され、そこから垂れる蜘蛛の糸の強度を確かめた嵐は、糸を掴んで壁を登り始めます!

壁を無事に登り終えた嵐は、何故ここにダイが来てくれたのかとダイを抱きしめて喜びますが、その間にも嵐の足元には徐々に亀裂が入っていきます。

ダイを連れてその場を後にした嵐は、自分側からはもう方舟に何も出来ない事を告げ、蝉丸・ナツ・花の一人一人に声を掛けて「頑張れ!」と励まします!

そうして再び新巻達と合流する為に走り出す嵐!

花は泣きながら嵐に礼を告げ、無事を祈ります。

しかし、一難去ってまた一難。
外からの助力は望めず、一体どうすればこの状況を突破出来るのかと途方に暮れる、花・蝉丸・ナツ・朔也の四人…。


一方、ロボット越しに嵐と花達のやり取りを聞き、自分達の元から駆け出して行ったダイが嵐を助けた事を知った安居達。

無言の涼の後ろを歩くまつりは、壁を登る事の出来ない自分は涼達と一緒に行けないのだから、別の道を行った方が良いのではないかと考え続けます。

そこへ、まつりを気遣うナツから通信が入ります!

嵐が口にした「頑張れ!」という言葉は、きっとまつりにも言ったのだと思う。
怖いけど頑張ろうと、泣きそうになりながら語りかけてきてくれたナツの言葉に、目に涙を浮かべるまつり。

まつりは腕で涙を拭うと、たとえどんな壁があっても一緒に登って涼に着いて行く事を決意し、大声で涼を呼び止めます!

自分は涼の良い所も悪い所ももっと知りたい!
はっきり言われるのは嫌かもしれないが、嫌がられてもどこまでもくっついていく!
涼をもっと好きになりたいから、と叫ぶまつり!

真顔で振り返った涼に一瞬ビクつくまつりですが、好きな人を恐れていてはダメだと、精一杯の笑顔を作ります!

そんなまつりに、クモが音に反応するので大声を出すなと注意する安居。

相変わらず無表情のままの涼は、「行くぞ」とまつりに声をかけると、
「言っとくが、オレに悪い所なんか無い」と口にして先を歩き出します!

先を急ぎながら、それぞれのメンバーの事を考える安居。

ナツ達は方舟で脱出中で、あゆ達はケーブルカーを目指し、嵐もそこへ合流中。
源五郎達は鍵島に居り、後はくるみ達と要…。

そう考えた安居は、要が今どうしているのだろうと思いを馳せます。


その頃、トンネル内には出口に向かって走る要の姿がありました。

要が出口を出た瞬間、背後の出口から吹き出してくる水と入り混じった火災の煙!

鍵島に戻った要は、臨月のくるみ達は最初に幻覚を見た暖炉の部屋の近くにいるはずだと考えて、地下から上を目指します。

同じように、煙と水が迫る源五郎達一行。
(源五郎・刈田・茜・虹子・蘭・牡丹・ちまき)

蟻に襲われて傷を負った蘭を背負おうとする刈田ですが、それを断りくるみを探しに行くよう命令する蘭!

刈田はロボットを1台手に持つと、蘭達と別れて先を急ぎ、それに続く茜と源五郎。

茜は、鍵島にたくさん残っているはずのロボットに向かって、どれかに反応が無いかとくるみに向かって呼びかけ続けます。


その頃、皆の叫び声が届かない、滝の流れる開けた空間で火を焚いて、座って寄り添うくるみと流星。

産まれて来る子供の名前を考えながら語り合っていた二人ですが、そこへくるみに腹痛が起こります!

間を置いて起こるいつもと違う痛みに、遂に陣痛が始まってしまったのだと気付いたくるみ!

不安がる流星に向かって、「産めると思う!」と言い切ったくるみは、もう何度も話しているファームステイの経験を語り出し、

「動物は母親だけで子供を産み、そこに父親は居ないけど、自分には流星が居る」と穏やかに微笑みます!

やがて陣痛の間隔がどんどん短くなり、痛さと怖さに涙を流すくるみに向かって、
「自分がついている!」と叫ぶ流星!

いよいよ始まる出産―!

崩れ始めた通路をダイと共に急ぐ嵐―!
蜘蛛の糸に絡まれた方舟の中で途方に暮れる花・朔也・蝉丸・ナツ―!

必死にくるみを探す要―!

次号に続きます!

7SEEDS 空の章12掲載、「月刊flowes 4月号」の購入は↓

スポンサーリンク



感想

前回、嵐の助けによって天井が開いたものの、浮かび上がって行かない方舟に
「なんで?故障!?」と思っていたんですが、

今回なんと蜘蛛の糸が絡みついていたせいだと判明しました!!

まさかのー!!
(気持ち悪いよーっ!)

もう7SEEDSは虫ホラーもいいとこです!w

「まさかの!」と言えばコチラもそのまさかw

ダイが嵐から投げられた蜘蛛の糸玉をホイホイと器用に扉の取手?に引っ掛ける様は
「んなまさかー!!」でしたww

7SEEDSはたまにこういう
「いやいや、あり得ないっしょ!」
なトコがありますw
(いつだったか、蜘蛛の足を使って道を渡ったりね。安居だったかな?)

さてさて、今回は色々進展があった回でした!

まずは前回涼を激怒させてしまったまつりは、ナツ(嵐)から勇気を貰い、もう一度涼にぶつかります!!

健気にも笑顔を見せるまつり!
涼は無表情のままなんですが、見ようによっては涼の頬に1本だけ“線”が入ってるように見えるんです!(頬を染めた時とかに入る線)

涼が頬を染めたなら激萌えですが…w
でもたった1本だけなんで、これは多分前髪の線が掠れて頬に被ってるだけなんだろうなぁ…。

「自分に悪い所なんて無い」って言っちゃうのがまた微笑ましいんですけどw
涼からまつりに声を掛けてくれた事でちょっと前進!?

涼とまつりの今後が気になります!!

そうして、もう何ヶ月も?ずーっと行方知れずで、物凄く気になっていたくるみと流星が今回ようやく再登場!!

しかしとうとうくるみに陣痛が始まってしまいます!!

相変わらず弱気で、「もう少しガマンできない?」なんて言っちゃう流星(オイ!)に、「大丈夫!産める!」って言い続けるくるみ!

母は強し…。

ってか、この二人はずーっとこんな調子(ビビる流星と、既に悟ってるかのようなくるみ)なんで正直イライラしたりもしたりしてw

しかしここに来て?ようやく覚悟を決めた流星!

口では「大丈夫」と言いつつも、本当は怖くてたまらず、心の中で(お母さん!)って叫んで涙を流すくるみに向かって、

「自分がついてる!自分がちゃんと取り上げるから!!」と勇気づけます!

今回のサブタイトル【勇気】は、まつり、くるみ、流星に掛かってるんですね。

きっと次号では元気な赤ちゃんが産まれる事でしょう!(男の子予想!)

それはそうと、今回くるみがそうでしたが、ピンチの時に「お母さん!」って思っちゃうの、私も経験があります。

学校からの帰り道に変な男に車で幅寄せされた時…

同じく学校からの帰り道に股間を触りながら近寄ってきたおっさんが居た時…
(そんな経験ばっかりか!)

どの時も絶対「助けて!お母さ~ん!!」って思いましたからねww
(あ、全部ちゃんと逃げれましたw)

絶対「助けて!お父さん!」にならなかった事を後から考えて、やっぱ無意識に助けを求めるのは「お母さん」なんだなぁ…って納得したものです…

という話は置いといてww

通路が崩れ始める中、嵐は無事に皆と合流できるのか?
外部の助けが得られない中、花達は方舟に絡みつく蜘蛛の糸をどうやって切ればいいのか?
(色々崩れ始めてそれでブチブチ切れる!?)

次回も非常に気になります―!!

次号、「月刊flowers 5月号」は3月28日(火)頃発売予定です!!

スポンサーリンク



 - 漫画