スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。

「こち亀」最終回の内容ネタバレ感想と秋本治先生の次回作情報!

   


「こち亀」最終回の内容ネタバレと、秋本治先生の次回作情報です。

wj

40年続いたこち亀もとうとう最終回です。
しみじみと哀愁漂う終わりになるのか、お馴染みの「両津はどこに行ったー!」等のギャグテイストで終わるのかと思っていましたが、

涙なんかは似合わない!感謝は笑いでお返しだ!!

という事で、ギャグテイストでの最終回となっています。

今週のジャンプには、「ヤングジャンプ賞」に入選した投稿作である
記念すべき「こち亀」の第1話も合わせて掲載されています!

スポンサーリンク



「こち亀」最終回のネタバレ感想

まずは冒頭巻頭カラー、
「40」と書かれた扇子を持って「両津勘吉」の名前入りの法被を来た両さんが
「おめでとうございます!」と明るくお出迎え。

そのままパーティー会場へ案内する両さんに続いてページをめくると、
「40周年記念 復活キャラ大発表会」として、
こち亀復活キャラのベスト10がスタートします。

とその前に両さんから、最終回掲載のジャンプと同時発売の「コミックス200巻」についてのお知らせ。

コミックス200巻にも今回の最終回は収録されているものの、

ジャンプとコミックスではなんと「オチ」が違っているとの事で、
これは「両方買って貰ういやらしい商法だ」と両さんが裏側を暴露w

と、ここから両さんの口を借りた秋本先生の

「今年は40周年の企画や読み切り仕事が多かった」

「コミックス200巻の締切が予想以上に早くて、この同時企画のせいでどんどん自分の首を締める事になった」

「原稿のストックが全部なくなてギリギリ状態だった」

「夏休み返上で毎日仕事だった」

「40年の間に編集長や担当者が何人変わったか」

などの裏話が暴露されますw

ここで、喋り続ける両さんに中川がストップをかけ、
本来のメイン企画?である「40周年記念大イベント!復活キャラベスト10!」が開催されます。

※ちなみに30周年の時も同様の企画を行ったものの、
30周年の時はちゃんと読者データを取ったもの、今回は読者投票ではないそうです。
(先生の思い入れがあるキャラでしょうか?)

両さんがキャラクターの名前を読み上げると、こち亀40周年記念アーチをくぐって各キャラクターが登場し、両さんの解説が入ります…が、一部キャラクターは名前のみの紹介で解説カット。

第10位:風波 峻 巡査

第9位:軽田 塁巣

第8位:音田 弘

第7位:岩鉄 岩男

第6位:電極 -

第5位:京華ねえさん

第4位:ポール(2巻に一度だけ登場)

第3位:中川圭一巡査(復活…じゃないような…!?)

第2位:日暮 熟睡男

第1位:星逃田刑事

過去、悲惨な扱いしか受けていなかった星逃田刑事が、意気揚々と登場し、
「次号からジャンプを乗っ取る!私の時代だ!!」と高笑いするものの、

「そろそろ時間です」と中川が両さんを促し、
会場にはパーティーの食事が運び込まれ、グランドフィナーレの準備をするので星逃田刑事に退くようにと言い放つ両さん。

「何の事だ!次号から私はレギュラーだぞ!」
と食い下がる星逃田刑事に、両さんはこち亀が今週で終わる事を告げ、

ショックを受けて地面に崩れ落ちる星逃田刑事をヨソに、
「早く集まれ!」と両さんが集合をかけると、
今まで登場してきた各キャラクターが一斉にドドドっと集まってきて、

「1976~2016 こちら葛飾区亀有公園前派出所 2016 連載40周年 グランドフィナーレ」
の垂れ幕の下に集合したキャラクター達と両さんが、
「いままで応援してくれてありがとうな!」「ありがとう!」「さようなら!」
と叫んで大団円を迎えます!

最後まで「両さん」らしい終わり方ですね!

残念だったのが、発売数日前に最終ページがネットに流出しちゃった事ですね…。

早売りゲットした人かなんなのか、流出させる人って何考えてるんでしょう…。
折角の最終回が台無し…。

「こち亀」に関係無い所でモヤモヤと不満な気持ちはありますが、そこはまぁ無視しまして、

大団円ページの次ページには、鉛筆描きのラフテイストなイラストと共に、
連載終了によせて秋本先生のメッセージが記されています。

そのイラストとメッセージにジーンと来て思わず目頭が熱くなってしまいました。
こちらは是非その目で確かめて下さい!

スポンサーリンク



秋本治先生の次回作

こちらは既にニュースになっていますが、
2016年冬、「秋本治は帰ってくる。」として、新作漫画4作の発表を予定しています。

「BLACK TIGER」(グランドジャンプ掲載)
弱肉強食の荒野を舞台に女ガンマンが繰り広げるバイオレンスガンアクション。

「いいゆだね!」(ウルトラジャンプ掲載)
銭湯を舞台に異邦美女が大奮闘する、こち亀に続く下町クロニクル。

「京都女学院物語」(週刊ヤングジャンプ掲載)
京都の女子高生が繰り広げる青春物語。

「Mr.Clice」(ジャンプSQ掲載)
こちらは説明不要の人気シリーズですね。

2017年には「週刊少年ジャンプ」にも漫画掲載予定だそうです。

ちょーっと「Mr.Clice」以外はどうなるのか心配な所ですがw
秋本先生の新たな作品に期待したいと思います!

秋本先生、40年間本当にお疲れ様でした!!


「こち亀 200巻」を
Amazonで購入する↓
こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「こち亀 200巻」を
楽天で購入する↓

スポンサーリンク



 - 漫画