スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

三原舞依のプロフィールと高校!両親と兄は美容師で難病の病気は完治した?

      2017/09/12

Pocket

昨シーズン、序盤に出場した試合は1位、2位と好成績を残し、今後の活躍に期待がかかっていた中で、一万人に一人という難病「突発性多発性若年性関節炎(若年性のリウマチ)」を発症し、その後は入院や通院を繰り返す事になってしまった三原舞依(みはらまい)選手。

両膝の痛みによって5か月もの間ジャンプの練習が出来ない中でも、次のシーズンに向けて出来る事を考え、ひたすらスケーティングの練習と陸上トレーニングに打ち込んでいたそうです。

その努力が実を結び、今季はスケーティングが飛躍的に向上!

病気から回復し、シニアデビューを果たした後は、出場した全試合で4位以内と、快進撃を続けています!

滑らかなスケーティングに、見ていてなんとも気持ちいい綺麗で爽快なジャンプ!
私もすっかりファンになってしまった三原舞依選手について調べてみました!!

●プロフィール
●出身学校
●両親は美容師?
●難病の病気は完治した?

スポンサーリンク



三原舞依のプロフィール

三原舞依選手は1999年8月22日生まれの17歳

出身地は兵庫県神戸市です。

身長はTVで見ていても分かる通り、154cmと少し小柄です。
高校生ってまだ身長伸びるものでしょうか??
(自分の時の記憶など無い…!)

血液型はA型で、趣味はスケート鑑賞音楽鑑賞ショッピングだとか。

「スケート鑑賞」については色んな選手のビデオを見て勉強しているようですね!
(「ビデオ」という言葉になんかハッ!としてしまったのは私だけでしょうか^^;)

所属は神戸ポートアイランドクラブで、中野園子コーチとグレアム充子コーチに師事しています!

先日の世界ジュニア選手権2017で3位となった坂本花織選手とは同門で、親友かつ良きライバルのようです!

同じく同門の片伊勢武が選手がプランタン杯のノービスAカテゴリで優勝しており、

三原選手も 2017年3月27日から開催される世界選手権2017で表彰台に上がれたら、三重県の「ナガシマスパーランド」に行く約束をしているそうです!

3人で行く約束なんでしょうか?
とっても微笑ましくって可愛いです♪

三原選手のワールド表彰台!
充分射程距離だとは思うんですが、もし仮に乗れなかったとしてもご褒美として行って欲しいものです!

スポンサーリンク



三原舞依の出身学校は?

三原舞依選手の出身学校は、中学校が「神戸市立飛松中学校」

高校は現在通われている「兵庫県立芦屋高等学校」で現在2年生です!

芦屋高等学校の制服はベージュが基調のブレザータイプ!

昨年の全日本選手権2016の滑走順抽選の際に初めて三原選手の制服姿を見て、「カ…カワイイ…!」と思ってしまったのですが、

世界選手権に出場する三原選手の壮行会が開かれた事がニュースになっており、またまた三原選手の制服姿を見る事が出来ました!

学校上げて応援して貰えてるんですね!

三原舞依の両親の職業は美容師?

三原舞依選手と言えば、お兄さんの三原武(みはらたけし)さんが神戸で美容師をされている事はファンの間では有名です。

武さんは、昨年の三原選手のグランプリシリーズ出場の際には、ご自身のインスタやブログで三原選手の応援をお願いするなどとっても妹思い!

三原選手も、今年2月の四大陸選手権2017で優勝した際に、神戸市内に美容院を開店させた武さんのお祝いの為に「自分が優勝すれば宣伝効果になる」という事を意識していたそうで、

帰国した際には「いいプレゼントになったと思う」と発言されていましたので、ご兄妹の仲の良さが伺えます!

三原選手のご両親の職業ですが、武さんのブログに

僕も実家の店を継ぐころには

という記載がありましたので、ご実家が美容院 = ご両親も美容師さんなのではないかなと思います。

ご両親は三原選手のリンクまでの送り迎えや食事管理、マッサージなどの身体のケアと、三原選手を支えられているようです!

三原舞依の病気は完治した?

TVなどでは、三原選手が難病を発症して入院をしていた事を報じていますが、今季の三原選手は好調そのもの。

となると、「病気は完治したのかな?」と思ったのですが、どうやらそう簡単な訳では無さそうです…。

三原選手が発症した「突発性多発性若年性関節炎」は、16歳以下の小児期に発症する慢性の関節炎で、

三原選手は「1万人に1人」と答えていましたが、調べてみると、「年間10万人に1人」の発症率で、発症の原因は現在不明だとか。

●関節が炎症によって腫れ上がる
●圧迫されたような痛み
●関節の動きが悪くなる
●運動時に痛みが出る
●炎症部分が熱を持っているように感じる

などの症状が出るようです。

三原選手は昨年の全日本Jrの頃から膝に痛みを抱え、JGPFに強行出場したものの、症状は深刻で帰国後はすぐに入院。

全日本選手権には出場する事が出来ず、病室のベッドでテレビを見ていたといいます…。

2週間程の入院を経て、退院後にアイスショーに出演したものの、その時も全くジャンプの練習ができない程状態が悪かったそうです。

「突発性多発性若年性関節炎」は全身型と関節型とがあるようですが、三原選手の病気についての報道で触れられていたのは膝だったので、三原選手はどちらなのでしょうか…。
(主に「足」のようですが。)

症状を見ているだけでもどれだけ辛い病気なのかと察するに余り有りますので、どうか症状が全身に及ぶものでは無く、一部であって欲しいと思います。

現在では、突発性多発性若年性関節炎は早期の診断・治療を行うことで、従来と比較して改善が期待されているそうです。

表には見せませんが、三原選手は今でも1ヶ月に1度は通院して、大量の血液を抜き、2時間の点滴を行い、薬も服薬しているとか…。

そういった三原選手の背景を考えると、今、三原選手がしきりに「滑れる喜びを」と口にする事の言葉に凄く重みを感じますし、難病に負けずに努力して、結果まで出している姿に物凄く勇気を貰えます。

勿論、三原選手の背景など殆ど知らない状態でも、三原選手のスケーティングそのものが素晴らしくて心惹かれたので、

三原選手について調べてみた今は、三原選手を応援したい気持ちがもっともっと膨れ上がりました!
今後も三原選手を応援していきたいです!

スポンサーリンク



 - フィギュアスケート+α