スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

薔薇王の葬列 感想!第22話(プリンセス2月号)

      2017/10/06

Pocket

月刊プリンセス(2016年2月号)掲載、
菅野文先生の「薇王の葬列」「第22話」の感想です!


「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

感想

「薔薇王の葬列」22話掲載「月刊プリンセス2月号」はコチラ↓↓

あれあれ?? …私…1話程、話抜けてるんでしょうか…。

マーガレットに命令されて、てっきりエドワードはアンと夜を過ごしたとばっかり思っていましたが、未遂だったの!?

と言っても今回もう逃げる事は叶わなかったわけですが…。
アン…切ないよ…。エドワードも…。

しかしマーガレットに食ってかかり、上着を脱ぎ捨てたエドワードはカッコ良かったです!

アホの子カワイイエドワードが大好きなんですが、リチャードと上手く行かないのはわかりきってるし…。可愛そうなコ!
(しかし果たしてリチャードはヘンリーと上手くいくのか…!?)

原作?を知らないので、今後の展開が全くわからないしよめません!!

今回上記のエドワードにもドキッとしましたが、
何より萌えたのが、マーガレットに手を上げられて涙を流して怯える、うら若き日のヘンリーですよ!!

腕!縛られてるし!!

なんて女なの!マーガレット!!

不覚にも?いたいけなヘンリーに萌えてしまいましたww

今回一点気になったのは、果たしてジョージは本当にヨーク側に戻ったのかと言う事です。

リチャードに「叱らないでくれ。」と告げ、
リチャードが「叱るのは父上だ。」と答えた時に汗を浮かべて、「そ…そうだな…」ってうろたえてるように見えたんです。

「…そうだな…」の「…」。
「何その間?怪しい…」と思ってしまいました。

ヘンリーの手に忠誠の口付けもしてるし、
ウォリックも「最も信頼できる男を王妃の迎えにやった」と語っています…。

寝返ったフリ?をしてさらに寝返る?気でしょうか…。
どうにもジョージは信用できません…。

そしてそして!

リチャードに向かって「ヘンリーの事は自分に任せろ。」と告げたケイツビー!!

「もし貴方が―」で言葉が途切れてしまいましたが、「傷付いたら!」だと思うんですが、
って事はケイツビーは「リチャードと一緒に居たヘンリーが、国王のヘンリー」だと知ってるワケで…。

私そんなシーン知らない!!
そしてジョージがヨークの旗をなんで持ってるのかも知らない!!
ケイツビーが活躍したなんて知らない!!

絶対1話抜けてる!…よね…。

5巻の初出チェックしてみないとです。
(「何月号まで掲載か」を確認しないと…)

ワタクシ、ケイツビーは絶対リチャードを愛してると思うんですが…。

違うのかなー。単に思慕みたいな気持ちなのかなー。

しかし今回の最大の見せ場!!

リチャードとヘンリーが!!
遂に「国王(父の仇)」と、「元国王の息子」として対峙してしまうんでしょうか!?

田村由美先生の「BASARA」もそうでしたが、
この「出会っちゃいけない?二人がお互いの身分を知らずに出会って恋に落ちて―」からのー!

邂逅!!

めっちゃめちゃ萌えます!!!

「あぁ~!次号ーっ!!」って思ったんですが、
今月号を買うのが物凄く遅かったので、次号はなんと明日発売です!!w
明日が非常に楽しみです!


「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

スポンサーリンク



 - 漫画