スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

薔薇王の葬列 感想!第24話(プリンセス4月号)

      2017/10/06

Pocket

月刊プリンセス(2016年4月号)掲載、
菅野文先生の「薇王の葬列」第24話の感想です!

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

感想

「薔薇王の葬列」第24話が掲載「月刊プリンセス 4月号」を購入する↓↓

何とも言えない気分になった今月の「薔薇王の葬列」。
ハァ…切ない。

今回幼少時のウォリックと青年リチャード(父)の出会いが描かれたんですが、
もうリチャードがカッコイイのなんのって!!

ウォリックに向けた鋭い眼光!!

そらウォリックも一目惚れするよ!!(違う)

全然「そういう目」で見てないんですけど、何かたまに怪しい物を感じてしまいますww
(だって兄弟(エドワードとジョージ)で「愛してる」とか言っちゃうし!
今回もエドワードがジョージに「お前は私の傍にいてくれ」とかっておでここっつんこしちゃうし!!
エドワードはウォリックにも「お前を愛していたのに」とか言っちゃうし!!)

遂に刃を合わせてしまったエドワードとウォリックですが、
ウォリックは最後の最後でエドワードに止めをさす事ができませんでした。

そしてまたエドワードも、逃げたウォリックを追う兵達を引き止め、
命を奪わないよう命令します…。

エドワードに向けた剣を振り下ろせず顔を歪めるウォリックと、
ウォリックを想って顔を歪める二人…。

非道になり切れず、苦渋に歪む二人の顔に
「あぁー切ない!そうだよね!かつて信頼しあっていた間柄だもんね!」
と切なさを感じたものの、

「男同士の信頼…とか、友情とか…いいよー。(萌)」
とときめいてしまったのも事実ですww

私はどうも、ウォリックのきちんとなでつけられた髪型が気に食わなかったんですがw
今回、エドワードと激しく打ち合ったり、
走って撤退するウォリックの髪が乱れていてそこにもときめきました…

って、今回はどうも感想が変な方に向かいますww

話を変えて、今回も楽しみにしていたアホの子エドワードですが、
終わり数ページにしか登場しませんでした。

そして何やらやっぱりアンと近づきつつある感じにモヤモヤしますw

激しく憤怒するマーガレット(怖いよー!)が、次回戦闘に加わるのは必至!
ウォリックを討ったのは誰なのか?(リチャードでしょうか?)

遂に戦のまっただ中まで来てしまったヘンリー!
前回で危惧していたヘンリーとリチャードの対峙は?

次回も非常に楽しみです!!

次号の「月刊プリンセス5月号」は4月6日(水)発売予定です!

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

スポンサーリンク



 - 漫画