スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

薔薇王の葬列 感想!第28話(プリンセス9月号)

      2017/10/06

Pocket

月刊プリンセス(2016年9月号)掲載、
菅野文先生の「薇王の葬列」最新第28話の感想です!

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

感想

今回の「薔薇王の葬列」第28話掲載
「月刊プリンセス9月号」は↓↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

うああああああーっ!!

嘘だーっ!!嘘ー!!

エドワードがーっ!!あたしの大好きなアホの子エドワードがーっ!!

死んじゃったよおぉぉー!!!

わあああああああああーっ!!

「アン死なないで」どころじゃないよー!!

まさかエドワードが死ぬなんて、考えてもなかった!!
考えたくなかった!!

うそうそうそーっ!!

うわあああああああーっ!!

もう完全に泣いた…。

なんて立派なコ…。

「堂々たる死は男にこそ似合うものだ…!!」つってアンを助けに行って、
リチャードに名乗って捕まって…。

捕まってからも本当に堂々としてて、最期まで自分は王だとして振る舞って…。

本当に立派なコだった…。

本当は王の立場も父の愛情も、欲しかったものは何も得られなくて…。

「リチャードに想いを伝えたい」って願いも、夢の中では叶えられたけど、
現実のリチャードには届いてなくて…。(ううう…)

たった一つだけ叶えられた願いが「お前のその手で終わりたい」って事だけだなんて酷いよーっ!!

悲しい…。哀しい…。

エドワードの死が必要だったんだとしても(漫画の盛り上がり的に)…辛い。

もうエドワードに会えないだなんて…。

もちろん、一度は心を許し始めていたアンが自分に剣を向けて敵をかばった事と、
ヘンリーの事で打ちのめされているリチャードの心を思っても辛いんだけど…。

それより何よりエドワードが亡くなった事が辛いです…。

ハァ…。

「ヨークの人達は貴方を殺すわ!」
とアンが言った通りになってしまいました…。

この事でアンがヨークを、リチャードを、憎む展開になる…
それも鬱です…。

一体今後どうなってしまうのか…。

ちょっとしばらくは立ち直れない…。

次号…「月刊プリンセス10月号」は9月6日(火)発売予定です…。ハァ…。

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

スポンサーリンク



 - 漫画