スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

薔薇王の葬列 感想!第29話(プリンセス10月号)

      2017/10/06

Pocket

月刊プリンセス(2016年10月号)掲載、
菅野文先生の「薇王の葬列」第29話の感想です!

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

感想

「薔薇王の葬列」第29話掲載
「月刊プリンセス10月号」は↓↓

前号のエドワードショックを引きずってます…。この絶望感…。

しかし話は進んでいく訳で…。

今回は、ようやくリチャードとヘンリーの話が進行します。

塔に幽閉(って程でもないのか…?)されたヘンリーに会いに行ったリチャードですが、一度目は「何故か」塔に来たセシリーに妨害されてしまいます。

これおかしくない?

普通「息子タン凱旋したーっ!!」ってなったら城の入口まで迎えに行くとか、
広間で待ってるとかするでしょーよ!何でわざわざ人気の無い塔へ!?

と思ったんですが、抱擁した後、リチャードが声を発するまで気付かなかった所を見ると、本気で間違えてたんでしょう。うーん…。

しっかしほんっとセシリー嫌い!!

リチャードを無視する、嫌悪する、までは許されるとしても、
リチャードの足を引っ張って、わざわざ邪魔するのが許せない!!

リチャードパパの出陣に付いていこうとしたリチャードを
「リチャードはまだ幼いの!母から子供を奪わないで!」
とか訴えて一緒に行かせないようにした事に始まり、

今回ではリチャードを宴で孤立させたりね、
事ある毎にリチャードの邪魔をする、陥れるのがもうホントにムカつく!!
(しかもわざわざ振り返ってリチャードの反応見てるのがまた!!)

薔薇王に出てくる女キャラってエリザベスにしろマーガレットにしろ、ムカつくヤツばっかりなんだけどー!!
(あ、アンが居たー!!アンは別ー!!)

そんでまたリチャードも毎回傷ついちゃうんだもんよ…。
もうこんな女見限って!!って思うんですけど、
やっぱり「信じたい・愛されたい」のかなぁ…。

唯一愛したヘンリーも、リチャードと同じで心に闇を抱え、自分自身の中に逃げ込んでるし…。
二人とも「母親」に縛られてるなー…。

ジャンヌもそうだけど、リチャードを「悪魔の子!!」って罵るあの幻聴?達はなんなんだ…。
結局リチャード自身の生み出した化物達…的なものになるのかな?

リチャードもヘンリーも、自分を罵る闇を振り切って幸せになれる日は来るんでしょうか…。
お互いが一緒なら乗り越えられそうな気もしつつ、そう一筋縄で行きそうにも無く…。

まだまだ先が見えないなぁ。

まぁ先の事は考えず、今回の萌えシーン話でも。w

自身を認識しないヘンリーに、「俺を見ろ!」とか「一人にするな…」とか縋ったあとのー!!
リチャードからのキスシーン!!

今回何気にリチャードとヘンリーは初キス?でした!
(人工呼吸などカウントに入れない!)

愛した人が敵と判明したからって、すぐ心が変わるとも思ってなかったけど、
やっぱり「リチャードがヘンリーをどう思うか(父の仇!騙してた!憎い!)」と、
逆に「ヘンリーがリチャードをどう思うか(人を殺めるなんて!罪深い!)」が気になってましたが、

「やっぱり愛してる、憎みきれない」っていうリチャードの心が判明して、今回非常にキュンキュンしました!w
(「憎くてたまらない…」って涙を浮かべて笑うリチャードの表情ったら!!ひえーっ!!切な萌えーっ!!)

切な萌えと言えば忘れてならないのがケイツビーっ!!

今回冒頭の、エドワードが「リチャードどこいった?」って尋ねた時に、
ジョージが「リチャードなら塔行ったよ」って答えてたとこにチラッと登場したんですが、

「リチャードが傷つくのがわかってるのに…自分は止める事が出来ない」
って感じで、切なそうな苦しそうな表情のケイツビーにも非常に萌えました…。

でもどー考えてもケイツビーの思いが成就する事は無いんで、
ケイツビーにはこのまま「報われない・切な路線」で行って頂くしかありません。
今後ケイツビーを見守りたいですw

さてさて、次回への引きですが、

なんと!ヘンリーに会いに行った所をセシリーに見られてしまったリチャード!
(だから、セシリーは何で塔に居るんだよ!w リチャードを見張ってる?)

単にヘンリーの部屋に入った所を見られただけか、
キスしてる所を見られたか、どっちかなー?とページを遡ってみてみましたが、
リチャードが扉を開きっぱかどうかはわかる描き方されてませんでした。

でも、エドワードが「まさかヘンリーと寝てた訳でもないっしょ?」て聞いた後に、
「ああおぞましい…!!」とか神に祈り出したんでw、やっぱり部屋の中見てた線が濃厚かなー。

セシリーはまだエドワードにリチャードの秘密を話してないっぽいですが、
エドワードがなんか「悪魔は両性を持つ…」とか不穏な事を口にしてたのも気になる所です。

とうとう「ヘンリーを殺せ」と命令されてしまったリチャード!
(何気、兄エドワードもムカつくんだが…。)

ヘンリーにリチャードの秘密を明かそうとするセシリー!!

次回が非常に気になります!!

*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——…

次回「薔薇王の葬列」は一部クライマックス!

昔からプリンセスで「一部完」のまま再開してない漫画をいくつか知ってるのが、
「一部完」=「最終回」かと戦々恐々ですがw

早期の「第二部」連載再開を期待しています!!

次号「月刊プリンセス11月号」は10月6日(木)発売予定です。

※今月号で発表された、第7巻のドラマCD追加キャストは、第7巻の詳細ページに記載します。

「薔薇王の葬列」感想一覧はコチラから→

スポンサーリンク



 - 漫画