スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。

オオカミ少女と黒王子 ネタバレ感想 「第56話」

      2016/07/14


別冊マーガレット(2016年3月号)掲載
八田鮎子先生の「オオカミ少女と黒王子 第56話」のネタバレ感想です!


「オオカミ少女と黒王子」ネタバレ一覧はコチラから→

スポンサーリンク



卒業式の朝-。
制服のネクタイリボンを付け、洗面所前で身支度を整えるエリカ。

(この制服を着るのも今日で最後。3年…長いようであっという間だったなぁ…)
と考えて物憂げなエリカでしたが、母親に呼ばれ、父親と3人で食卓を囲みます。

エリカの卒業を感慨深げに語る両親でしたが、そのうちに話題は「春からのエリカの京都での一人暮らし」へと移ります。
来週、早速新居を見に京都を訪れる事を話し合い、
「行ってきます」と家を出るエリカ。

(晴れて良かった。じめじめしたお別れにはしたくないもん。)
そう考えながら校門をくぐったエリカを待っていたのはさんちゃん、神谷、恭也の3人でした。

「おはよ、エリカ。」
「おはよー。」
「…はよ。」

寒そうに鼻を赤くした恭也に思わず笑みがこぼれるエリカ。

そこに、
「エリカちゃん、恭也くんっ。卒業おめでとーっ!」
と、エリカの従兄弟のレナが訪れます。

レナは恭也の制服のボタンを欲しがり、レナの言葉に衝撃を受けるエリカの目の前で、
「いいよ、べつに。」
と恭也はあっさりボタンをあげてしまいます。

その様子を見ていた周りの女子が次々に恭也のボタンを欲しがり、結局恭也の上着のボタンは全て無くなってしまいます。

体育館にて-

卒業式が始まり、校歌斉唱後、卒業証書授与が行われます。

壇上に上がった恭也のボタンがひとつも無い事を教師が「モテモテだね」と指摘し、苦笑いする恭也。
周囲にも笑いが巻き起こります。

答辞が始まり、卒業生代表として「日下部憂」の名前が呼ばれますが、
エリカの学校の答辞は立候補で選出される為、引っ込み思案の憂の決断に、

「ええ?日下部君!?どーして!?」
と驚きで目を丸くするエリカ。

緊張して手と足が同時に出たり、入っていないマイクに焦って電源を入れて「キーン」とハウリングさせてしまったりと、皆に笑われてしまう憂を見かね、

「日下部くん、頑張れ!!」
と、つい大声で叫んでしまうエリカ。

エリカの言葉に笑顔になった憂は落ち着きを取り戻し、無事に答辞を終えます。

卒業式が終わり、教室に戻ったエリカ達。

そこで手塚とマリンが、卒業記念に製作したTシャツを配布しますが、
エリカのデザインした微妙なTシャツを手に無言になる恭也。

「篠原にまかせた俺らがバカだった…。」
と青ざめる男子達に、

「これでも一生懸命考えたんだから!」
と言い返すエリカでしたが、親友であるさんちゃんにすら、

「部屋着にすればいいじゃん。そしたら誰の目にもつかない。」
と酷評されてしまいます。

しかし、手塚だけがエリカに、
「エリカっぽくていいじゃん!イタリア行って、もし凹んでもこれ見たら笑っちゃいそう。
あんたに頼んでよかった。」
と声をかけます。

手塚の言葉に感動した様子のエリカと、涙ぐむマリン。

そこに、「先生のおごりだ」とジュースを持った担任教師が現れ、乾杯が始まります。

マリンの涙に貰い泣きしてしまう手塚を慰めるエリカ。

そんなエリカの様子を教室の隅から見つめる恭也。
そこへ神谷が近づき、自分が着ているTシャツにメッセージを書くよう促しますが、恭也はボーッとしたまま気づきません。

「もしかしてちょっとおセンチになっちゃってんの?」
と神谷にからかわれて否定はしたものの、やはりどこか物憂げな恭也…。

下校時間-

校舎を出た後、「このまま解散するのも寂しいね」という話から、
「健くんも誘ってまた後で合流しよう」というさんちゃんの提案で、一旦解散する事になったエリカ・恭也と、さんちゃん・神谷の4人。

「あたし達も帰ろう。」
と声をかけるエリカでしたが、恭也は校舎を振り返って見上げたまま。

「恭也くん?どうしたの?」
と尋ねるエリカに、

「もうここに二度と来る事もないんだと思ってな。」
と答える恭也。

「あー、うん。そうだね…。」
一瞬無言になった二人でしたが、エリカは
「学校の中をぐるっと一周しよう」
と提案します。

移動教室や下駄箱を見て、切なそうな表情を浮かべるものの、涙は見せないエリカに
「お前以外と平気そうにしてたな。絶対わんわん泣くと思ったのに。」
とからかう恭也。

エリカは、
「そう思ってハンカチ用意したのになんでだろ。まだ実感わかないのかな。明日も普通に目覚まして起きそうだよあたし。」
とはにかみますが、恭也に

「京都にいつ行くんだ?」
と問われ、
「明後日には家探しに行く事、準備する事が多い為、ゆっくりできない事」を告げると、
「そうか…」
と会話が続かずまた無言になってしまう二人…。

中庭に来た二人。

ベンチに走り寄り、
「覚えてる?あたしここで3回まわってワン!ってやらされたんだよね。」
と思い出を語るエリカに、

「覚えてるよ。お前がバレンタインにチョコ渡したのもここだった。日下部と同じやつな?…確かあのあとモメて、オオカミ少女やめるって言ったのが西校舎だったか。」
と辺りを見回しながら答える恭也。

(色んな事があったなぁ…)
恭也が指した方を見つめて無言になるエリカに、

「笑えるな。どっち向いてもどこに行っても、全部お前が居んだから。」
と呟く恭也。

その言葉に思わず恭也を振り返るエリカ。

恭也は、
「正直学校なんてどーでもいいし、卒業だろうが寂しさなんて欠片もねぇけど、意味のある場所ではあるかな。」
と語り、右手でベンチを撫でた後、

「よかったよ。お前がオオカミ少女で。」
とエリカに微笑みかけます。

(ぼっちの高校生活なんてイヤ!
このポジションを守る為に彼氏が居るという嘘を貫き通さなきゃ!)

そう考えて、街で出会った恭也の写真を勝手に撮った事から始まり、

『俺でよかったら話くらい聞くよ?』と微笑んだ後、
『お前が俺の犬になるってんならくだらねー茶番に付き合ってやってもいい。』
と本音を見せた恭也の表情など、過去の事を思い出すエリカ。

(あの時ついた大きな嘘がなかったら、今ある思い出はみんな違ったんだ。
あの嘘があたしと恭也くんを引き合わせてくれたんだよね。)

エリカの目には涙が浮かびます。

「あたしも良かった…。この学校に来て…恭也くんや皆と会えて…。」

「あたし大嘘つきでよかったぁ~!」
顔をクシャクシャにして泣き出してしまったエリカに「ふっ」と噴出し、
「なんだよそれ。」
とエリカの頬にキスをする恭也。

(この3年間、ぜんぶぜんぶ一生の宝物だよ。
ありがとう恭也くん、みんな大好きだよ!!)

帰り道-

いつまでも泣きやまないエリカに、
「さっきまで実感わかなーいとかってケロっとしてたクセに。」
と突っ込む恭也でしたが、

「恭也くんのせいだよ~。…恭也くんや皆とお別れなんて信じたくなかったんだもん。終わりって思ったら京都に行くの辛くなっちゃうかなって…。やっぱり寂しいよ~。」
と泣きじゃくるエリカ。

ため息をつき、エリカに向かって
「お手。」
と左手を差し出す恭也に、思わず両手を差し出して
「わん…?」
と答えてしまうエリカ。

恭也は、
「いつでもお前は俺が呼べば飛んでくるだろ、違うか?」
と笑いかけます。

「…恭也くんも会いに来てくれる?」
というエリカの問いには
「気が向いたらな。」
とそっけない恭也ですが、

(そうだね、わかってる。これで終わりじゃない、続いてくんだずっと。)
と考えるエリカ。

そして旅立ちの日-。

東京駅のホームで、健、恭也、さんちゃん、神谷に見送られるエリカ。

「みんな見送りありがとう。じゃあ行ってきます!」

笑顔で手を振るエリカと、微笑み返す恭也。

「またね!」

(嘘から始まったあたしの大切な物語-)

次号に続きます!!

今回の「オオカミ少女と黒王子」第56話掲載、
「別冊マーガレット3月号」は↓↓

スポンサーリンク



感想

うわー…。超しんみりとしてしまいましたー。
まさにもう「最終回!?」って言う位綺麗な終わり方ー!!
(もうホントここで終わってもいんじゃない位のー!)

しかし4月号からは「この後の二人のお話が始まります」との事です。

これにて高校生編終了ですねー。

はー…なんか自分の高校の卒業時を思い出してなんか甘酸っぱーい想いが押し寄せましたww

青春ですねー…。ww

なんか「ホントにこれで終わりなの!?もう高校生活を送る事はないの?」って、
卒業直前にすっごい恐怖感に襲われたのを覚えています。

友達ともバラバラになっちゃって…。
「もっと学生生活エンジョイしとけば良かった!私何も成し遂げてない!」
って焦りと拒否反応が凄かったですねw

はー…戻らないあの日々に胸がザワザワします。

私の人生後悔だらけですよww という話は置いといて、

今回は恭也の色んな表情が見れて、まさにお宝回でした!

「お前がオオカミ少女で良かったよ。」
って丸々1P使っての大ゴマでの恭也の笑顔。
凄く優しいんだけど寂しげにも見えて…印象的でした。

あとは「あたし大嘘つきで良かったぁ~」って泣きじゃくるエリカに思わず噴出しちゃった、いたずらっこのような恭也の表情もたまりません!!

全体的にエリカに向ける表情が優しかった今回でした。

次回からまたみっちり大学生編となるのか(高校生編よりは短いでしょうが)、
それかちょろーっと大学生活描いて一気に針を進めて大人になった二人が「結婚」で終わりか。

一体どうなるんでしょうか…?

次号の別冊マーガレット4月号は3月12日(土)発売予定です!

関連記事:「オオカミ少女と黒王子」映画化!キャストは?公開時期はいつ!?


「オオカミ少女と黒王子」ネタバレ一覧はコチラから→

スポンサーリンク



 - 漫画