スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。

羽生結弦スケートカナダ2016のショート&フリーの結果と動画!

      2016/10/31


10月29・30日に開催された「ISUグランプリ スケートカナダ2016」男子シングルで、羽生結弦選手は総合2位となりました。

こちらのページではスケカナの羽生結弦選手のショートプログラム&フリープログラムの結果と動画を掲載します!

スポンサーリンク



羽生結弦スケートカナダ2016の試合結果

羽生選手の現在の順位は、

ショートプログラム:4位(79.65点)
フリースケーティング:1位(183.41点)
総合:2位(183.41点)

です。

男子シングルの滑走時間と試合結果はコチラ↓
スケートカナダ2016の男子滑走順・滑走時間と試合結果!

羽生結弦スケートカナダ2016のショートプログラム動画

ショートプログラムの羽生選手は、

10月1日に行われたオータムクラシックで「シニアでクリーンに降りたのは世界初」と認定された4回転ループを冒頭で跳びますが、空中で軸が歪んでしまい、着氷で膝をついてしまいます。

続く4回転サルコウは3回転になって着氷も詰まってしまい、必須要素である「コンビネーションジャンプ」が跳べませんでした。

3つあるジャンプの内2つにミスがありましたが、後半のトリプルアクセルは綺麗に着氷して加点も貰え、ステップでは、「スケカナ男子ショートプログラム」では羽生選手とあと1人しか取れていない「レベル4」の評価を貰えて、4位となります。(スピンも1つを除いてレベル4)

※私自身は確認していないのですが、羽生選手の前にジュニアの選手が試合で跳んだものの、クリーンな着氷ではなかった様子。

スポンサーリンク



羽生結弦スケートカナダ2016のフリースケーティング動画

羽生結弦スケートカナダ2016のエキシビション動画

スケカナの基本情報はコチラ↓
スケートカナダ2016の出場選手とライスト&テレビ情報!→

スケカナ男子シングルの滑走時間と試合結果はコチラ↓
スケートカナダ2016の男子滑走順・滑走時間と試合結果!

関連記事:羽生結弦2016-2017シーズンの試合日程はコチラ→
関連記事:メダリストオンアイス2016の詳細はコチラ→
関連記事:全日本フィギュアスケート選手権2016の詳細はコチラ→
関連記事:グランプリシリーズ2016の男子獲得ポイント一覧表!
関連記事:グランプリファイナル2016の詳細はコチラ→
関連記事:グランプリシリーズ(GPS)2016の詳細はコチラ→
関連記事:2016年の試合・アイスショー日程スケジュールはコチラ→
関連記事:フィギュアスケート専用目次

スポンサーリンク



 - フィギュアスケート+α