スクランブルトーク

管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケート好き)

ジュニアグランプリシリーズ2022の獲得ポイント一覧表!

      2022/09/19

Pocket

フィギュアスケート ジュニアグランプリシリーズの7戦を勝ち抜いた
ポイント上位6名・6組のみが出場できる、

「ISUジュニアグランプリファイナル2022」

このページでは、ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイントを記載します。
※男子・女子の上位のみ

●獲得ポイントについて
●獲得ポイント表
 └男子シングル
 └女子シングル

スポンサーリンク




ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイントについて

ジュニアグランプリファイナル2022出場の為に必要な獲得ポイントは、ジュニアグランプリシリーズ各大会の順位によって付与されます。

順位 シングル カップル
01位 15ポイント 15ポイント
02位 13ポイント 13ポイント
03位 11ポイント 11ポイント
04位 9ポイント 9ポイント
05位 7ポイント 7ポイント
06位 5ポイント 5ポイント
07位 4ポイント 4ポイント
08位 3ポイント 3ポイント
09位 2ポイント
10位 1ポイント

(例:1戦目が1位、2戦目が3位の場合の合計獲得ポイントは26ポイントとなります。)

ジュニアグランプリシリーズへは、各選手(組)最大2大会への出場が可能です。

タイブレークについて

ポイントが同点になってしまった場合の同点解消のルール(タイブレーク)は以下の通り。

1. 2大会で得た最高順位が高い方
2. 2大会で得た総合得点の合計点が高い方
3. 1大会よりも2大会へ参加した方
4. 2大会で得たFS(FD)の合計点が高い方

条件は4以降もありますが、ほぼ2までで決まると思います…。

以降のルールが気になる場合はISUのアナウンスメントをご確認下さい。

スポンサーリンク




ジュニアグランプリシリーズ2022の獲得ポイント表

男子シングル

※各大会5位まで記載。

Jrグランプリファイナル出場決定!
(7戦終わってからじゃないと確定しないけど…)
1. ニコライ・メモラ(イタリア)

@scramble-talk.com / スクショ転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
ニコライ・メモラ
(イタリア)
2位 13P
(214.11)
1位 15P
(225.76)
28P
(439.87)
吉岡希
(日本)
1位 15P
(219.68)
第5戦
ポーランド
P
()
中村俊介
(日本)
1位 15P
(219.65)
第4戦
アルメニア

※開催中止
P
()
中田璃士
(日本)
2位 13P
(200.17)
第6戦
ポーランド
P
()
ヨンヒョン・チャ
(韓国)
2位 13P
(196.15)
第5戦
ポーランド
P
()
アンドレアス・ノルデバック
(スウェーデン)
3位 11P
(212.37)
第7戦
イタリア
P
()
ラハット・ブラリン
(カザフスタン)
3位 11P
(199.38)
第7戦
イタリア
P
()
森本涼雅
(日本)
3位 11P
(188.66)
第5戦
ポーランド
P
()
ノア・ボーデンシュタイン
(スイス)
4位 9P
(184.42)
11位 0P
(172.22)
9P
(356.64)
Minkyu SEO
(韓国)
4位 9P
(209.59)
第6戦
ポーランド
P
()
Robert YAMPOLSKY
(アメリカ)
4位 9P
(196.67)
第6戦
ポーランド
P
()
マカール・サンツェフ
(フィンランド)
11位 0P
(147.30)
5位 7P
(189.03)
7P
(336.33)
Maxim ZHARKOV
(アメリカ)
5位 7P
(193.48)
第7戦
イタリア
P
()
Michael XIE
(アメリカ)
5位 7P
(180.95)
第5戦
ポーランド
P
()
() 位 P
()
位 P
()
P
()

◆上記以外の選手についてはISUのサイトでご確認下さい→

昨年のジュニアグランプリファイナル2021(※開催中止)の出場予定国は「米・露・露・露・加・露・日」。
※例年通りのランキングを適用しない変則開催。

通常開催された、ジュニアグランプリファイナル2019の出場国は「露・日・露・伊・露・日」。
ポイントランキング6位だった佐藤駿選手の獲得ポイントは26Pでした!(1戦目1位、2戦目3位)

スポンサーリンク




女子シングル

※各大会5位まで記載。

@scramble-talk.com / スクショ転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
島田麻央
(日本)
1位 15P
(212.65)
第5戦
ポーランド
P
()
吉田陽菜
(日本)
1位 15P
(203.52)
第4戦
アルメニア

※開催中止
P
()
ジア・シン
(韓国)
1位 15P
(194.68)
第6戦
ポーランド
P
()
ミンソル・クォン
(韓国)
2位 13P
(189.37)
第6戦
ポーランド
P
()
柴山歩
(日本)
2位 13P
(188.39)
第6戦
ポーランド
P
()
Soho LEE
(アメリカ)
2位 13P
(185.92)
第6戦
ポーランド
P
()
ユジェ・キム
(韓国)
3位 11P
(185.67)
位 P
()
P
()
中井亜美
(日本)
3位 11P
(185.62)
第7戦
イタリア
P
()
櫛田育良
(日本)
3位 11P
(177.02)
第7戦
イタリア
P
()
Inga GURGENIDZE
(ジョージア)
4位 9P
(180.28)
第4戦
アルメニア

※開催中止
P
()
ミア・カリン
(アメリカ)
4位 9P
(175.85)
第7戦
イタリア
P
()
マリア・エリーゼ・カリュヴェリ
(エストニア)
4位 9P
(169.32)
第4戦
アルメニア

※開催中止
P
()
Heesue HAN
(韓国)
5位 7P
(170.00)
第5戦
ポーランド
P
()
ニコラ・フォムチェンコワ
(ラトヴィア)
5位 7P
(169.07)
第5戦
ポーランド
P
()
クレア・シオ
(アメリカ)
5位 7P
(168.34)
第5戦
ポーランド
P
()
() 位 P
()
位 P
()
P
()

◆上記以外の選手についてはISUのサイトでご確認下さい→

昨年のジュニアグランプリファイナル2021(※開催中止)の出場予定国は「露・露・露・露・米・露・日」。
※例年通りのランキングを適用しない変則開催。

通常開催された、ジュニアグランプリファイナル2019の出場国は「露・米・韓・露・露・露」。
ポイントランキング6位だったワシリエワ選手の獲得ポイントは24Pでした!(1戦目3位、2戦目2位)

スポンサーリンク




 - フィギュアスケート

error: Content is protected !!