スクランブルトーク

日常ニュースや疑問など!管理人が気になる情報についてトークします。

フィギュア四大陸選手権2016の出場選手・TV放送・チケット情報!

      2016/12/17


四大陸選手権画像

毎年シーズン後半、2月頃に行われるフィギュアスケートの「四大陸選手権大会」

アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニアの4つの大陸の選手に出場資格があり、
ヨーロッパの選手に出場資格がある「ヨーロッパフィギュアスケート選手権(欧州選手権)」と対を成す試合ですが、

ヨーロッパ選手権がオリンピックや世界選手権より古い歴史と伝統を持つ大会であるのに対し、四大陸選手権は1999年2月に初開催と、まだ歴史が浅い大会です。

個人的には、「グランプリシリーズ・全日本選手権」と「世界選手権」の間にある、「さほど重要では無い試合」というイメージです。(出場辞退する選手もいますし…。)

しかし実際には「オリンピック・世界選手権」に次いで、獲得ポイント(大会毎に付与される。世界ランキングの算出に必要。)も高く、GPSよりは格の高い試合とされているようです。

日本国内・海外の有名選手が出場する2015-2016シーズンの「四大陸選手権大会」について、
●日程
●出場選手
●滑走順・滑走時間(タイムテーブル)
●TV放送予定
●チケット情報
●試合結果
などを調べてみました!

四大陸選手権2017についてはコチラ↓
フィギュア四大陸選手権2017の出場選手は?出場資格と日程・開催情報!


スポンサーリンク

四大陸選手権2016の日程・スケジュール

開催期間:2016年2月16日(火)~2月21日(日)
開催地:台湾・台北市

四大陸選手権2016の開催場所

台北アリーナ

四大陸選手権の行われる台北との時差は約1時間となっており、日本が1時間進んでいる事になります。
日本時間での試合日程は以下になります。
※タイムスケジュールは競技の進行状況などで変更になる場合があります。

<2月18日(木)>
13:45~16:12 アイスダンスSD
16:40~    開会式
17:40~20:48 女子シングルSP
21:30~23:12 ペアSP

<2月19日(金)>
14:30~17:16 アイスダンスFD
17:16以降   表彰式
19:24~22:45 男子シングルSP

<2月20日(土)>
15:30~17:30 ペアFS
17:30以降   表彰式
19:15~22:55 女子FS
22:55以降   表彰式

<2月21日(日)>
13:00~17:05 男子シングルFS
17:05以降   表彰式
19:00~21:00 エキシビション
22:00~ バンケット

四大陸選手権はアイスダンス以外の種目は、ショートとフリーの間に1日空くんですね。
それが吉と出るかどうかは…?ファンとしてはショートの次の日にはフリーを滑って貰って、早く結果を知りたいですがww

四大陸選手権2016のTV放送予定

<フジテレビ>
2月18日(木)19:00~20:54 女子SP
2月19日(金)21:00~22:52 男子SP
2月20日(土)21:00~23:10 女子FS
2月21日(日)19:00~21:54 男子FS・エキシビション

<J SPORTS 4>
2月22日(月)17:00~20:00 アイスダンスSD
       20:00~22:00 ペアSP
2月23日(火)19:00~22:30 アイスダンスFD
2月24日(水)19:00~21:30 ペアFS
2月25日(木)18:00~21:30 女子SP
2月26日(金)17:30~21:30 男子SP
2月27日(土)10:00~14:00 女子FS

<BSフジ・181>
2月26日(金)22:00~23:55 女子SP
2月27日(土)14:00~15:55 男子SP
       19:00~20:55 女子FS

四大陸選手権2016の出場選手と滑走順・滑走時間(日本時間)

日本人選手は、
男子シングルは「宇野昌磨・無良崇人・田中刑事」の3選手、
女子シングルは「宮原知子・本郷 理華・村上佳菜子」の3選手、
ペアは「須藤澄玲&フランシス・ブードロオデ」組、
アイスダンスは「村元哉中&クリス・リード、平井絵己&マリオン・デラ・アソンション」組が出場します!

※浅田真央選手は「世界選手権に向け、集中したトレーニングを行うため」として出場を辞退する事が発表されました!

男子にはなんとケヴィンがエントリーしてるじゃないですかっ!!
ケヴィン久しぶりだよ、ケヴィン!

そして女子にはGPSに1試合しか出場していなかった長洲未来選手!!

楽しみです!

<2月21日(日) エキシビション>

 ※詳細タイムはありません。

■オープニング
01. Tzu-Han TING(台湾)
02. エイミー・リン(台湾)
03. 村元哉中&クリス・リード(日本)
04. パク・ソヨン(韓国)
05. マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)
06. マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
07. パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)
08. 本郷理華
09. シャオユー・ユー&ヤン・ジン(中国)
10. ボーヤン・ジン(中国)
11. マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)

12. Jo-Wei FANG(台湾)
13. チーイー・ツァオ(台湾)
14. 長洲未来(アメリカ)
15. ハン・ヤン(中国)
16. ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)
17. グレイシー・ゴールド(アメリカ)
18. リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ(カナダ)
19. 宇野昌磨
20. マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)
21. 宮原知子
22. ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)
23. パトリック・チャン(カナダ)
24. フィナーレ

<2月21日(日) 男子FS>

【13:00~13:07】 ■第1グループ6分間練習 

【13:07~13:15】 1.チーイー・ツァオ(台湾)
【13:15~13:24】 2.リー ハリー ホウシェン(香港)
【13:24~13:32】 3.ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
【13:32~13:40】 4.レスリー・イプ(香港)
【13:40~13:49】 5.ブレンダン・ケリー(オーストラリア)

【13:49~13:56】 ■第2グループ6分間練習 

【13:56~14:05】 6.ロス・マイナー(アメリカ)
【14:05~14:13】 7.リアム・フィルス(カナダ)
【14:13~14:21】 8.アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)
【14:21~14:30】 9.デニス・マルガリク(アルゼンチン)
【14:30~14:38】 10.ピョン・セジョン(韓国)
【14:38~14:46】 11.ジュリアン・イー・ジージェイ(マレーシア)

【14:46~15:01】 ■製氷
【15:01~15:08】 ■第3グループ6分間練習

【15:09~15:17】 12.マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
【15:17~15:25】 13.田中刑事(日本)
【15:25~15:34】 14.マックス・アーロン(アメリカ)
【15:34~15:42】 15.イ・ジュンヒョン(韓国)
【15:42~15:50】 16.キム・ジンソ(韓国)
【15:50~15:59】 17.ナン・ソン(中国)

【15:59~16:06】 ■第4グループ6分間練習

【16:06~16:15】 18.グラント・ホクスタイン(アメリカ)
【16:15~16:23】 19.宇野昌磨(日本)
【16:23~16:31】 20.ハン・ヤン(中国)
【16:31~16:40】 21.無良崇人(日本)
【16:40~16:48】 22.ボーヤン・ジン(中国)
【16:48~16:56】 23.パトリック・チャン(カナダ)

<棄権>アブザル・ラクムハリエフ(カザフスタン)
<棄権>デニス・テン(カザフスタン)
<棄権>アダム・リッポン(アメリカ)

あらら…テン君とリッポン棄権ですか…。
残念ですけどしょうがないですね…。

今回男子は宇野選手が取ると思ってるんですが…どうかなー。
ボーヤン…ハンヤン…あぁぁ…パトリックも居ました…。

ダメだ…予想がつかない…。うわー!今回男子がすっごい楽しみです!!
(個人的にはケヴィンが大好きなので、ケヴィンの事考えるとグワーッと何かがみなぎってくる位楽しみですww)

<2月20日(土) ペアFS>

【15:30~15:37】 ■第1グループ6分間練習

【15:37~15:45】 1.リョン・テオク&キム・ジュシク(韓国)
【15:45~15:54】 2.須藤澄玲&フランシス・ブードローオデ(日本)
【15:54~16:02】 3.ヴァネッサ・グレニエ&マキシム・デシャン(カナダ)

【16:02~16:09】 ■第2グループ6分間練習

【16:10~16:18】 4.タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ(アメリカ)
【16:18~16:26】 5.マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)
【16:26~16:35】 6.リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ(カナダ)

【16:35~16:50】 ■製氷
【16:50~16:57】 ■第3グループ6分間練習

【16:57~16:05】 7.アレクサ・シメカ&クリス・クニエリム(アメリカ)
【17:05~17:14】 8.メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
【17:14~17:22】 9.シャオユー・ユー&ヤン・ジン(中国)
【17:22~17:30】 10.ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)

<棄権>ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー(カナダ)

<2月20日(土) 女子FS>

【19:15~19:22】 ■第1グループ6分間練習

【19:22~19:30】 1.ケイティ・パスフィールド(オーストラリア)
【19:30~19:38】 2.ティタ・ラムサン(タイ)
【19:38~19:46】 3.ジャン・ルー(中国) 
【19:46~19:53】 4.Maisy Hiu Ching MA(香港)
【19:53~20:01】 5.ミケラ・ドゥ トイ(南アフリカ)

【20:01~20:08】 ■第2グループ6分間練習

【20:09~20:17】 6.ブルックリー・ハン(オーストラリア)
【20:17~20:24】 7.カイラニ・クレイン(オーストラリア)
【20:24~20:32】 8.ヴェロニク・マレ(カナダ)
【20:32~20:40】 9.エイミー・リン(台湾)
【20:40~20:48】 10.ジャオ・ズーチェン(中国)

【20:48~21:03】 ■製氷
【21:03~21:10】 ■第3グループ6分間練習

【21:10~21:18】 11.グレイシー・ゴールド(アメリカ)
【21:18~21:26】 12.アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
【21:26~21:34】 13.チェ・ダビン(韓国)
【21:34~21:42】 14.カレン・チェン(アメリカ)
【21:42~21:50】 15.キム・ナヒョン(韓国)
【21:50~21:57】 16.ケイトリン・オズモンド(カナダ)

【21:57~22:04】 ■第4グループ6分間練習

【22:05~22:13】 17.長洲未来(アメリカ)
【22:13~22:21】 18.村上佳菜子(日本)
【22:21~22:29】 19.本郷理華(日本)
【22:29~22:38】 20.ジジュン・リー(中国)
【22:38~22:46】 21.宮原知子(日本)
【22:46~22:54】 22.パク・ソヨン(韓国)

<棄権>ガブリエル・デールマン(カナダ)
<棄権>ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)

<2月19日(金) アイスダンスFD>

【14:30~14:36】 ■第1グループ6分間練習
【14:36~14:44】 1.シーベイ・リー&グアンヤオ・シャン(中国)
【14:44~14:52】 2.レベッカ・キム&キリル・ミノフ(韓国)
【14:52~15:00】 3.マチルダ・フレンド&ウィリアム・バドウィー(オーストラリア)
【15:00~15:07】 4.イーイー・ジャン&ナン・ウー(中国)

【15:07~15:13】 ■第2グループ6分間練習

【15:14~15:22】 5.アナスタシア・ KHROMOVA / Daryn ZHUNUSSOV(カザフスタン)

【15:22~15:30】 6.ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)
【15:30~15:37】 7.イ・ホジョン&カム・リチャード・カンイン(韓国)
【15:37~15:45】 8.平井絵己&マリオン・デラ・アソンション(日本)

【15:45~16:00】 ■製氷
【16:00~16:06】 ■第3グループ6分間練習

【16:07~16:15】 9.シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
【16:15~16:22】 10.エリザベット・パラディ&フランソワ=グザヴィエ・ウェレット(カナダ)
【16:22~16:30】 11.パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)
【16:30~16:38】 12.村元哉中&クリス・リード(日本)

【16:38~16:44】 ■第4グループ6分間練習

【16:45~16:52】 13.マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
【16:52~17:00】 14.マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)
【17:00~17:08】 15.ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)
【17:08~17:16】 16.マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)

スポンサーリンク

四大陸選手権2016の試合結果

<男子シングル>

01.パトリック・チャン(カナダ)
【SP:5位(86.22点)/FS:1位(203.99点)/総合290.21点】

02.ボーヤン・ジン(中国)
【SP:1位(98.45点)/FS:2位(191.38点)/総合289.83点】

03.ハン・ヤン(中国)
【SP:3位(89.57点)/FS:3位(181.98点)/総合271.55点】

04.宇野昌磨(日本)
【SP:2位(92.99点)/FS:5位(176.82点)/総合269.81点】

05.無良崇人(日本)
【SP:4位(89.08点)/FS:4位(179.35点)/総合268.43点】

06.田中刑事(日本)
【SP:7位(74.82点)/FS:位(147.88点)/総合222.70点】

07.マックス・アーロン(アメリカ)
【SP:8位(69.48点)/FS:位(151.46点)/総合220.94点】

08.グラント・ホクスタイン(アメリカ)
【SP:6位(75.79点)/FS:位(140.55点)/総合216.34点】

09.マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
【SP:9位(69.15点)/FS:位(142.44点)/総合211.59点】

10.キム・ジンソ(韓国)
【SP:12位(65.13点)/FS:位(136.30点)/総合201.43点】

11.ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
【SP:20位(55.14点)/FS:位(143.73点)/総合198.87点】

12.ナン・ソン(中国)
【SP:11位(66.04点)/FS:位(128.77点)/総合194.81点】

13.リアム・フィルス(カナダ)
【SP:14位(61.81点)/FS:位(132.21点)/総合194.02点】

14.ロス・マイナー(アメリカ)
【SP:17位(58.27点)/FS:位(132.85点)/総合191.12点】

15.ジュリアン・イー・ジージェイ(マレーシア)
【SP:15位(59.70点)/FS:位(130.62点)/総合190.32点】

16.イ・ジュンヒョン(韓国)
【SP:10位(67.35点)/FS:位(113.57点)/総合180.92点】

17.デニス・マルガリク(アルゼンチン)
【SP:18位(57.71点)/FS:位(119.94点)/総合177.65点】

18.ピョン・セジョン(韓国)
【SP:16位(58.30点)/FS:位(117.85点)/総合176.15点】

19.ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
【SP:19位(55.83点)/FS:位(116.43点)/総合172.26点】

20.アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)
【SP:13位(61.88点)/FS:位(99.59点)/総合161.47点】

21.チーイー・ツァオ(台湾)
【SP:22位(51.83点)/FS:位(107.30点)/総合159.13点】

22.レスリー・イプ(香港)
【SP:21位(54.81点)/FS:位(97.48点)/総合152.29点】

23.リー ハリー ホウシェン(香港)
【SP:23位(42.54点)/FS:位(68.41点)/総合110.95点】

<SP結果>
わー!今回の男子もやっぱり見応えありました!
まずはSP1位は予想通りボーヤンでした!!

ボーヤンはもう4Lzが鉄板なのが強すぎる…。
今日はワタクシ、ボーヤンのお胸には襦袢が付いているのか否かが気になって気になって!!
ガン見する事数秒分でしたww (うずまきに見覚えがあるから多分衣装変わってないハズなのに!!)

そして2位は宇野昌磨選手!!

宇野選手は3日前に構成を変えたばかりだとか!?
冒頭4Tは本人曰く「回り過ぎてしまった」との事で、ちょっと着氷乱れました。

前の方が構成良かった気がしますが…本人が決めた事なら…しょうがない。

そしてそして3位のハン・ヤン!!
4回転も綺麗に入って、いい演技で、「やっぱハン・ヤン好きだなぁ~」って思ってたんですが、スピン1個ミスってたんですね…。
スマホチラチラ見ながらだったんで全く気付いてませんでした。。

Pちゃんもなかなか調子上がらないですねぇ…。
今回は氷の調子が悪いとしきりに説明してましたが。。

「元世界王者・元・元」って連呼されるとなんか切なくなります…。

はぁ…。

そしてTV放送しょっぱなのケヴィン…。
ケガと手術を乗り越えて2シーズンぶりの国際試合出場だったワケですが、ジャンプが1本も決まらず、スピンの入りでも転倒してしまって、「変なこけ方してまたケガに響いたらー!!」って、もう怖くて怖くて見ているの辛かったです…。

長い手足でステップもキレがあってすごく良かったんですが、SPは20位という結果に…。

姿が見られるだけで嬉しかったんですが、明日フリー大丈夫かなぁ…。

SPの曲に日本のアニメ?の曲を持ってきたのには笑いましたがw
(どんだけ日本好きなのww)

インタも日本語でしたが、大丈夫!?マスコミに無茶ぶりされてない!?っていささか心配になりましたww

ちょっと何言ってるか聞き取れないトコあったけどw

「ありがとうございます。」とか、もうホント超キレイな発音!!
「アリガトゴザイマス」的なカタコトじゃないの!!違和感0!!

日本を好きになって日本語まで勉強してくれてありがとうケヴィン!!
とケヴィンの事はここまでにしてww

さてさて、男子の最終的な予想ですが、やっぱり最初の予想通り宇野選手でしょうか…。
ボーヤンはフリーで失速しちゃうかなぁ…と。

それともハンヤン・無良選手が来るか?

Pチャンが巻き返せるか!?

男子は一発逆転があるのが凄く面白いです!!
明日のフリーに期待です!!

<女子シングル>

01.宮原知子(日本)
【SP:1位(72.48点)/FS:1位(142.43点)/総合214.91点】

02.長洲未来(アメリカ)
【SP:3位(66.06点)/FS:2位(127.80点)/総合193.86点】

03.本郷理華(日本)
【SP:4位(64.27点)/FS:5位(117.51点)/総合181.78点】

04.パク・ソヨン(韓国)
【SP:5位(62.49点)/FS:7位(116.43点)/総合178.92点】

05.グレイシー・ゴールド(アメリカ)
【SP:9位(57.26点)/FS:3位(121.13点)/総合178.39点】

06.ケイトリン・オズモンド(カナダ)
【SP:11位(56.14点)/FS:4位(119.49点)/総合175.63点】

07.村上佳菜子(日本)
【SP:2位(68.51点)/FS:13位(106.61点)/総合175.12点】

08.チェ・ダビン(韓国)
【SP:10位(56.79点)/FS:6位(116.92点)/総合173.71点】

09.キム・ナヒョン(韓国)
【SP:8位(58.40点)/FS:8位(112.30点)/総合170.70点】

10.ジジュン・リー(中国)
【SP:6位(60.04点)/FS:11位(107.84点)/総合167.88点】

11.アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
【SP:7位(59.71点)/FS:14位(106.02点)/総合165.73点】

12.カレン・チェン(アメリカ)
【SP:12位(53.55点)/FS:10位(107.97点)/総合161.52点】

13.カイラニ・クレイン(オーストラリア)
【SP:16位(49.02点)/FS:9位(108.80点)/総合157.82点】

14.ヴェロニク・マレ(カナダ)
【SP:15位(51.88点)/FS:15位(104.10点)/総合155.98点】

15.エイミー・リン(台湾)
【SP:17位(47.88点)/FS:12位(107.73点)/総合155.61点】

16.ジャオ・ズーチェン(中国)
【SP:13位(53.24点)/FS:16位(94.55点)/総合147.79点】

17.ブルックリー・ハン(オーストラリア)
【SP:14位(52.80点)/FS:17位(82.95点)/総合135.75点】

18.ミケラ・ドゥ トイ(南アフリカ)
【SP:19位(45.18点)/FS:18位(75.94点)/総合121.12点】

19.ジャン・ルー(中国) 
【SP:18位(45.72点)/FS:20位(73.01点)/総合118.73点】

20.Maisy Hiu Ching MA(香港)
【SP:20位(42.06点)/FS:19位(73.04点)/総合115.10点】

21.ケイティ・パスフィールド(オーストラリア)
【SP:22位(34.63点)/FS:21位(61.15点)/総合95.78点】

22.ティタ・ラムサン(タイ)
【SP:21位(38.91点)/FS:22位(50.65点)/総合89.56点】

<SP結果>
SP終わって、1位は宮原知子選手!先日高校を卒業したばかりですね!!(おめでとう!)
宮原選手は抜群の安定感がありますが、2位か3位と思ってました!

そしてなんと2位に村上佳菜子選手!!
やったー!!しばらく不調が続いてましたからね…。
おかえり2A-!!

そしてそして3位に長洲未来選手!!
4位に本郷理華選手と、やっぱり日本勢強し!です!!(未来ちゃんは違うけど。。)

さらに私が驚いたのは、
4位にパク・ソヨン(韓国)、
5位にジジュン・リー(中国)選手と、上位をアジア勢が占めてるんですよね…。

ア…アジア来た…コレ!?

そして私が「恐らく1位だろうなぁ」と予想していたG.Gがまさかの9位!!
どどど…どうしちゃったのーっ!?

<FS結果>
女子の1位はSPから変わらず、宮原知子選手が四大陸選手権初優勝を飾りました!!

もう抜群の安定感!
宮原選手が大崩する事は絶対に無いので、もうSP終わった段階から「宮原選手優勝だろうなぁ」とは思ってました。

ただ宮原選手はジャンプが低いのだけが気になります…。

そして2位に長洲未来選手!!

長洲選手はジャンプがどうしても回転不足を取られる事が多かった印象なんですが、リンクとコーチを変えたのが上手く行ったのか、かなり調子を上げてきているように感じます。

個人的には長洲選手のスピンが大好きです!!(ビールマンが女子で一番綺麗じゃないかと思う位…。)

FSの演技後、てっきり弾ける笑顔と会心のガッツポーズが出るとばかり思っていたんですが、本人は首を振ったりしてどこか納得いっていない風でした。

それでも点数が出た時と、順位が確定した時はニッコニコだったので嬉しかったですね。

控え室?でカメラにGGと抜かれた時は、最初全然会話してなくて、「あー!ギスギスした雰囲気キタコレ!!」って思ったんですがw 途中からスマホで二人で自撮りしたりして、終始笑顔なので微笑ましかったですww

いつぞやの全米だったのかな?何かの時のアメ女達の控え室がギッスギスで怖かった覚えがあったので、その再来かと思ってしまいましたww

3位には4位から順位を上げた本郷理華選手。

今日のリバダンは笑顔が出てて良かったなーと思います。
(ロステレだったか、見せ場のステップとかでも全然笑顔が無かったので…。)

そして、やはりというか、村上選手は2位から7位に順位を落としてしまいました…。
以前もSPは佳菜子スマイルが弾けてたんですが、FSで沈んでしまったので、
今回もそうなってしまうんだろうなぁという予感はありました。

「SPの勢いのまま!!FSも頑張らなきゃ!!」って気合が入り過ぎちゃうのかな…と思います。
冒頭のジャンプからして失敗してしまいましたし…。

久しぶりに表彰台に上って欲しかったのですが、またしても悔いの残るシーズンの幕引きでした…。

ジジュンも、本当に転倒した後からいきなりしんどそうになってしまって、どうしたのかと心配してしまいました。
キスクラでも目の下にクマがあったように思いますし、どこか体調悪かったんでしょうか…。
アナウンサーだか荒川さんだかが「スタミナが」って言ってましたが…。

GGに関してはフリーでは全米女王の貫禄を見せ付けたといった所でしょうか…。

最後の大勝負、ワールドに向けて皆頑張って欲しいです!

<ペア>

01.ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)
【SP:1位(78.51点)/FS:1位(143.40点)/総合221.91点】

02.アレクサ・シメカ&クリス・クニエリム(アメリカ)
【SP:3位(67.61点)/FS:2位(140.35点)/総合207.96点】

03.シャオユー・ユー&ヤン・ジン(中国)
【SP:4位(64.99点)/FS:3位(122.34点)/総合187.33点】

4.タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ(アメリカ)
【SP:7位(59.72点)/FS:4位(122.30点)/総合182.02点】

05.リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ(カナダ)
【SP:5位(61.97点)/FS:5位(117.70点)/総合179.67点】

06.マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)
【SP:6位(61.34点)/FS:6位(113.74点)/総合175.08点】

07.リョン・テオク&キム・ジュシク(北朝鮮)
【SP:8位(53.83点)/FS:7位(103.41点)/総合157.24点】

08.ヴァネッサ・グレニエ&マキシム・デシャン(カナダ)
【SP:10位(50.07点)/FS:8位(98.75点)/総合148.82点】

09.須藤澄玲&フランシス・ブードローオデ(日本)
【SP:9位(52.70点)/FS:9位(92.63点)/総合145.33点】

棄権:メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
【SP:2位(71.90点)/FS:棄権】

<アイスダンス>

01.マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)
【SP:1位(72.86点)/FS:1位(108.76点)/総合181.62点】

02.マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)
【SP:4位(67.05点)/FS:2位(107.59点)/総合174.64点】

03.ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)
【SP:2位(72.42点)/FS:4位(101.43点)/総合173.85点】

04.マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
【SP:3位(69.36点)/FS:3位(102.93点)/総合172.29点】

05.パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)
【SP:5位(63.92点)/FS:5位(98.27点)/総合162.19点】

06.エリザベット・パラディ&フランソワ=グザヴィエ・ウェレット(カナダ)
【SP:6位(60.15点)/FS:7位(86.79点)/総合146.94点】

07.村元哉中&クリス・リード(日本)
【SP:7位(57.13点)/FS:6位(88.70点)/総合145.83点】

08.Yura MIN&Alexander GAMELIN(韓国)
【SP:9位(55.23点)/FS:8位(83.19点)/総合138.42点】

09.Shiyue WANG&Xinyu LIU(中国)
【SP:8位(56.49点)/FS:10位(79.08点)/総合135.57点】

10.Ho Jung LEE&Richard Kang In KAM(韓国)
【SP:11位(47.46点)/FS:9位(80.81点)/総合128.27点】

11.レベッカ・キム&キリル・ミノフ(韓国)
【SP:13位(44.69点)/FS:11位(78.00点)/総合122.69点】

12.平井絵己&マリオン・デラ・アソンション(日本)
【SP:12位(47.09点)/FS:13位(69.97点)/総合117.06点】

13.Yiyi ZHANG&Nan WU(中国)
【SP:14位(42.01点)/FS:12位(72.83点)/総合114.84点】

14.Anastasia KHROMOVA / Daryn ZHUNUSSOV(カザフスタン)
【SP:10位(48.19点)/FS:15位(62.52点)/総合110.71点】

Xibei LI&Guangyao XIANG(中国)
【SP:15位(39.64点)/FS:14位(64.11点)/総合103.75点】

Matilda FRIEND&William BADAOUI(オーストラリア)
【SP:16位(33.00点)/FS:16位(52.70点)/総合85.70点】

<結果>
アイスダンスはシブズが初の優勝を飾りました!やったー!!
優勝はウィバポジェかと予想していたんですが、二人は3位でした。

ダンスとペアは地上波でやらないのが残念です…。

四大陸選手権2016の出場資格

<男子シングル>
●全日本選手権10位以内
 01.羽生結弦
 02.宇野昌磨
 03.無良崇人
 04.田中刑事
 05.小塚崇彦
 06.山本草太
 07.村上大介
 08.日野龍樹
 09.中村優
 10.宮田大地

●全日本選手権終了時点でのISUワールド・スタンディング日本人上位6名
 01.羽生結弦
 02.宇野昌磨
 03.無良崇人
 04.村上大介
 05.小塚崇彦
 06.田中刑事

●全日本選手権終了時点でのISUシーズンワールドランキング日本人上位6名
 01.羽生結弦
 02.宇野昌磨
 03.村上大介
 04.田中刑事  
 05.山本草太
 06.樋渡知樹

●全日本選手権終了時点でのISUシーズンベストスコア日本人上位6名
 01.羽生結弦
 02.宇野昌磨
 03.村上大介
 04.無良崇人
 05.田中刑事  
 06.山本草太

<女子シングル>
●全日本選手権10位以内
 01.宮原知子
 02.樋口新葉
 03.浅田真央
 04.本郷理華 
 05.白岩優奈
 06.村上佳菜子
 07.永井優香
 08.新田谷凜 
 09.本田真凜
 10.木原万莉子

●全日本選手権終了時点でのISUワールド・スタンディング日本人上位6名
 01.宮原知子
 02.本郷理華
 03.村上佳菜子
 04.浅田真央
 05.今井遥
 06.永井優香

●全日本選手権終了時点でのISUシーズンワールドランキング日本人上位6名
 01.宮原知子
 02.本郷理華
 03.浅田真央  
 04.村上佳菜子
 05.永井優香
 06.本田真凜
 
●全日本選手権終了時点でのISUシーズンベストスコア日本人上位6名
 01.宮原知子
 02.浅田真央
 03.本郷理華
 04.白岩優奈
 05.三原舞依
 06.本田真凜

※最終選考会である「全日本選手権」への参加は必須。
(ただし、過去に世界選手権3位以内に入賞した実績のある選手が、怪我等のやむを得ない理由で全日本選手権に参加できなくとも、上記選考基準に該当すると認められた場合には、四大陸選手権時の状態を見通しつつ選考する事があります。)

※代表候補に選出された場合でもミニマムポイントを持っていない選手は、ミニマムポイント獲得の為に国際大会に派遣されます。

<ペア・アイスダンス>
●国際的な競技力を考慮して選考。

※最終選考会である「全日本選手権」への参加は必須。
※代表候補に選出された場合でもミニマムポイントを持っていないカップルは、ミニマムポイント獲得の為に国際大会に派遣されます。

四大陸選手権2016のチケット情報

四大陸選手権2016の入場料はなんと無料です!!

※残席がある場合のみ当日券もあるようです!

日本じゃ考えられないですねー!!
(今みたいにフィギュア人気になる前までは日本でも全日本などの試合は無料だったとかなんとか…。)

チケット代が無料なので、台湾までの交通費と宿泊費だけで行けるならお得!と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか!?(私の事です。)

しかし、遠征までされる熱心なフィギュアファンがこの大会を見逃すハズはなくw
ネットから予約が必要な四大陸選手権2016のチケットは、既に残席0の日が多数となっています。

12月2日現在、予約が可能なチケットは以下の種目のみとなっています!

・2月18日12:00~の「アイスダンスSD」 残数:1,559枚
・2月18日15:00~の「開会式」     残数:1,303枚
・2月18日15:30~の「女子シングルSP」 残数: 835枚
・2月18日20:30~の「ペアSP」     残数: 948枚
・2月19日13:30~の「アイスダンスFD」 残数: 593枚

男子シングルの人気の高さが伺えますね!
個人的には日本人ばっかり行ってるんじゃないかと予想してますがww

チケットの予約は「四大陸選手権2016」の公式サイトから行えます!

1.ページ左下部の「E-mailでのサインアップ」にメールアドレス・キャプチャ(画像認証の数字)を入力後、「予約番号を取得する」ボタンをクリック。

2.登録したアドレスに届いたメールに記載の予約番号をメアド、キャプチャを使ってログイン後、チケットの残数詳細が確認できます!

四大陸選手権2016のツアー情報

四大陸選手権2016のチケット付き観戦ツアーも用意されています。

●LIHPAO TOUR(麗寶旅行)
受付期間:~12月20日(日)まで
旅行代金:プランにより異なる

中華民国スケート協会から委託された麗寶旅行が企画する観戦ツアーです。

<ツアー内容>
・日本から台湾の往復航空券
・宿泊ホテル(プラン内の滞在日数による)
・イベント入場券
・観戦ガイド
・大会限定記念品
・オプショナルツアー(台北市内観光・ご当地グルメ・ショッピング)

●H.I.S(エイチ・アイ・エス)
受付期間:~2016年1月15日(金)まで
旅行代金:89,800円~128,000円

こちらは「観戦サポートツアー」であり、観戦チケットは含まれていません。

・日本から台湾の往復航空券
・宿泊ホテル

のみの代金となっているようです。
「チケットは別途後日発売致します」との事ですので、要確認です!

フィギュアスケートの試合やアイスショーは、出場選手が確定しないうちからチケットを取らないといけないので、ある意味博打な部分が大きいですねw

いよいよ開幕する「四大陸選手権」、非常に楽しみです!

関連記事:フィギュア世界選手権2016の出場選手・TV放送・日程情報!

スポンサーリンク

 - フィギュアスケート+α