スクランブルトーク

管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケート好き)

ジュニアグランプリシリーズ2019の獲得ポイント一覧表!

      2019/09/18

Pocket

フィギュアスケート ジュニアグランプリシリーズの7戦を勝ち抜いた
ポイント上位6名・6組のみが出場できる、

「ISUジュニアグランプリファイナル2019」

このページでは、ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイントを記載します。
※男子・女子の上位のみ

●獲得ポイントについて
獲得ポイント表
 └男子シングル
 └女子シングル

スポンサーリンク




ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイントについて

ジュニアグランプリファイナル2019出場の為に必要な獲得ポイントは、ジュニアグランプリシリーズ各大会の順位によって付与されます。

順位 シングル カップル
01位 15ポイント 15ポイント
02位 13ポイント 13ポイント
03位 11ポイント 11ポイント
04位 9ポイント 9ポイント
05位 7ポイント 7ポイント
06位 5ポイント 5ポイント
07位 4ポイント 4ポイント
08位 3ポイント 3ポイント
09位 2ポイント
10位 1ポイント

(例:1戦目が1位、2戦目が3位の場合の合計獲得ポイントは26ポイントとなります。)

ジュニアグランプリシリーズへは、各選手(組)最大2大会への出場が可能です。

タイブレークについて

ポイントが同点になってしまった場合の同点解消のルール(タイブレーク)は以下の通り。

1. 2大会で得た最高順位が高い方
2. 2大会で得た総合得点の合計点が高い方
3. 1大会よりも2大会へ参加した方
4. 2大会で得たFS(FD)の合計点が高い方

条件は4以降もありますが、ほぼ2までで決まると思います…。

以降のルールが気になる場合はISUのアナウンスメントをご確認下さい。

スポンサーリンク




ジュニアグランプリシリーズ2019の獲得ポイント表

※各大会5位まで記載。

男子シングル

@scramble-talk.com / 転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
鍵山優真
(日本)
1位 15P
(234.87)
ポーランド P
()
アンドレイ・モザリョフ
(ロシア)
1位 15P
(223.72)
クロアチア P
()
ピョートル・グメンニク
(ロシア)
1位 15P
(222.14)
イタリア P
()
佐藤駿
(日本)
1位 15P
(217.12)
クロアチア P
()
アルトゥール・ダニエリアン
(ロシア)
2位 13P
(221.93)
クロアチア P
()
シヒョン・リー
(韓国)
2位 13P
(218.31)
クロアチア P
()
スティーブン・ゴゴレフ
(カナダ)
2位 13P
(203.70)
クロアチア P
()
アレクサ・ラキッチ
(カナダ)
2位 13P
(200.71)
クロアチア P
()
ダニール・サムソノフ
(ロシア)
3位 11P
(211.62)
ポーランド P
()
イリヤ・ヤブロコフ
(ロシア)
3位 11P
(207.68)
イタリア P
()
グレブ・ルトフリン
(ロシア)
3位 11P
(203.50)
ポーランド P
()
アンドレイ・クトヴォイ
(ロシア)
3位 11P
(198.06)
無し P
()
イリア・マリニン
(アメリカ)
4位 9P
(201.72)
イタリア P
()
イゴール・ルクヒン
(ロシア)
4位 9P
(196.31)
無し P
()
アンドリュー・トルガシェフ
(アメリカ)
4位 9P
(196.23)
クロアチア P
()
アレク・グインツボウグ
(カナダ)
4位 9P
(185.80)
無し P
()
アレクサンドル・セレフコ
(エストニア)
5位 7P
(194.00)
ポーランド P
()
マーク・ゴロニツキー
(イスラエル)
5位 7P
(190.75)
クロアチア P
()
ライアン・ダンク
(アメリカ)
5位 7P
(188.39)
ポーランド P
()
ヨンユン・チャ
(韓国)
5位 7P
(183.61)
イタリア P
()
() 位 P
()
位 P
()
P
()

◆上記以外の選手についてはISUのサイトでご確認下さい→

昨年のジュニアグランプリファイナル2018の出場国は、「露・米・仏・米・日・加」。
ポイントランキング5位だったトルガシェフ選手の棄権により、7位のゴゴレフ選手が出場しました。

本来の出場ラインである6位の島田高志郎選手の獲得ポイントは24Pでした!(1戦目2位、2戦目3位)
(ゴゴレフ選手の獲得ポイントは22P)

◆昨年のJrグランプリファイナル2018の出場選手はコチラ→

スポンサーリンク




女子シングル

ジュニアグランプリファイナル出場決定!
(のハズ。7戦終わってからじゃないと確定しないけど…)
1. カミラ・ワリエワ(ロシア)

@scramble-talk.com / 転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
カミラ・ワリエワ
(ロシア)
1位 15P
(200.71)
1位 15P
(221.95)
30P
(422.66)
マイア・フロミフ
(ロシア)
3位 11P
(179.32)
4位 9P
(190.73)
20P
(370.05)
荒木菜那
(日本)
4位 9P
(175.13)
4位 9P
(181.80)
18P
(356.93)
アリサ・リウ
(アメリカ)
1位 15P
(208.10)
ポーランド P
()
ハエン・リー
(韓国)
1位 15P
(197.63)
クロアチア P
()
クセニア・シニツィナ
(ロシア)
2位 13P
(204.25)
イタリア P
()
ダリア・ウサチョワ
(ロシア)
2位 13P
(194.40)
クロアチア P
()
ソヨン・ウィ
(韓国)
2位 13P
(191.07)
ポーランド P
()
ヨンジョン・パク
(韓国)
2位 13P
(186.58)
イタリア P
()
ヴィクトリア・ワシリエワ
(ロシア)
3位 11P
(198.79)
ポーランド P
()
松生理乃
(日本)
3位 11P
(193.03)
イタリア P
()
アナスタシア・タラカノワ
(ロシア)
3位 11P
(179.29)
ポーランド P
()
ソヨン・ジ
(韓国)
4位 9P
(179.23)
ポーランド P
()
エカテリーナ・クラコワ
(ポーランド)
5位 7P
(175.97)
ポーランド P
()
川畑和愛
(日本)
5位 7P
(171.67)
ポーランド P
()
浦松千聖
(日本)
5位 7P
(171.32)
クロアチア P
()
河辺愛菜
(日本)
5位 7P
(163.04)
クロアチア P
()
() 位 P
()
位 P
()
P
()

◆上記以外の選手についてはISUのサイトでご確認下さい→

◆カップル競技についてはコチラ→(ペアアイスダンス

昨年のジュニアグランプリファイナル2019の出場国は、「露・露・露・露・韓・露」で、
ポイントランキング6位のカニシェワ選手の獲得ポイントは26Pでした!(1戦目、2戦目共に2位)
(7位のタルシナ選手も26Pの同点だったので、総合得点の合計勝負)

◆昨年のJrグランプリファイナル2018の出場選手はコチラ→

今年もロシア無双になってしまうのか?日本女子もロシア無双に割って入って行けるのか!

スポンサーリンク




 - フィギュアスケート

error: Content is protected !!