スクランブルトーク

管理人が気になる情報についてトークします。(フィギュアスケートネタ多し)

ジュニアグランプリシリーズ2018の獲得ポイント一覧表!

      2018/11/13

Pocket

フィギュアスケート ジュニアグランプリシリーズの7戦を勝ち抜いた、ポイント上位6名・6組のみが出場できる、
「ISUジュニアグランプリファイナル2018」!!

このページでは、ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイントを記載します。
※男子・女子の上位のみ

スポンサーリンク




ジュニアグランプリシリーズの獲得ポイント

ジュニアグランプリファイナル2018出場の為に必要な獲得ポイントは、ジュニアグランプリシリーズ各大会の順位によって付与されます。

順位 シングル カップル
01位 15ポイント 15ポイント
02位 13ポイント 13ポイント
03位 11ポイント 11ポイント
04位 9ポイント 9ポイント
05位 7ポイント 7ポイント
06位 5ポイント 5ポイント
07位 4ポイント 4ポイント
08位 3ポイント 3ポイント
09位 2ポイント
10位 1ポイント

ジュニアグランプリシリーズへは、各選手(組)2大会への出場が可能です。

(例:1戦目が1位、2戦目が3位の場合の合計ポイントは26ポイントとなります。)

タイブレークについて

ポイントが同点になってしまった場合の同点解消のルール(タイブレーク)は以下の通り。

1. 2大会で得た最高順位が高い方
2. 2大会で得た総合得点の合計点が高い方
3. 1大会よりも2大会へ参加した方
4. 2大会で得たFS(FD)の合計点が高い方

条件は4以降もありますが、ほぼ2までで決まると思います…。

以降のルールが気になる場合はISUのアナウンスメントをご確認下さい。

ジュニアグランプリシリーズ2018の獲得ポイント表

※各大会5位まで記載。

男子シングル

ジュニアグランプリファイナル出場決定!
1. ペョートル・グメンニク(ロシア)
2. カンデン・プルキネン(アメリカ)
3. アダム・シャオ・ヒム・ファ(フランス)
4. 樋渡知樹(アメリカ)
5. 島田高志郎(日本)
6. スティーブン・ゴゴレフ(カナダ)

11/12 アンドリュー・トルガシェフ選手の棄権が発表されました。
代わりにポイントランキング7位だった「スティーブン・ゴゴレフ」選手が出場します。

@scramble-talk.com / 転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
01 ペョートル・グメンニク(ロシア) 1位 15P
(220.04)
1位 15P
(219.25)
30P
(439.29)
02 カンデン・プルキネン(アメリカ) 1位 15P
(223.95)
2位 13P
(212.45)
28P
(436.40)
03 アダム・シャオ・ヒム・ファ(フランス) 3位 11P
(199.14)
1位 15P
(205.83)
26P
(404.97)
04 樋渡知樹(アメリカ) 2位 13P
(213.24)
2位 13P
(215.16)
26P
(428.40)
05 アンドリュー・トルガシェフ(アメリカ) 4位 9P
(194.75)
1位 15P
(201.63)
24P
(396.38)
06 島田高志郎(日本) 2位 13P
(220.45)
3位 11P
(212.95)
24P
(433.40)
07 スティーブン・ゴゴレフ(カナダ) 1位 15P
(226.63)
5位 7P
(187.67)
22P
(414.30)
08 キリル・ヤコブレフ(ロシア) 2位 13P
(199.01)
4位 9P
(205.92)
22P
(404.93)
09 鍵山優真(日本) 4位 9P
(194.73)
2位 13P
(202.02)
22P
(396.75)
10 アンドレイ・モザレフ(ロシア) 1位 15P
(217.12)
6位 5P
(194.28)
20P
(411.40)
11 須本光希(日本) 2位 13P
(210.31)
5位 7P
(201.55)
20P
(411.86)
12 ロマン・サヴォシン(ロシア) 5位 7P
(189.86)
3位 11P
(211.10)
18P
(400.96)
13 ダニエル・グラスル(イタリア) 3位 11P
(199.26)
5位 7P
(191.38)
18P
(390.64)
14 コンラッド・オーゼル(カナダ) 4位 9P
(200.46)
4位 9P
(212.94)
18P
(413.40)
15 アルトゥール・ダニエリアン(ロシア) 5位 7P
(210.49)
4位 9P
(195.30)
16P
(405.79)
16 イリヤ・コブラー(カナダ) 7位 4P
(174.60)
3位 11P
(201.20)
15P
(375.80)
17 ジョセフ・ファン(カナダ) 9位 2P
(162.83)
3位 11P
(207.80)
13P
(370.63)
18 木科雄登(日本) 3位 11P
(191.80)
9位 2P
(175.80)
13P
(367.60)
19 ライアン・ダンク(アメリカ) 6位 5P
(188.91)
5位 7P
(195.30)
12P
(384.21)
20 イゴール・ムラショフ(ロシア) 4位 9P
(190.32)
無し 9P
(190.32)

◆上位選手以外はISUのサイトでご確認下さい→

昨年のジュニアグランプリファイナル2017の出場国は、「露・米・米・日・露・米」で、6位のトルガシェフの獲得ポイントは22Pでした!(1戦目2位、2戦目4位)

ジュニアグランプリファイナル2017の出場選手→

スポンサーリンク




女子シングル

ジュニアグランプリファイナル出場決定!
1. アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
2. アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
3. アンナ・シェルバコワ(ロシア)
4. アナスタシア・タラカノワ(ロシア)
5. イェリム・キム(韓国)
6. アリョーナ・カニシェワ(ロシア)

@scramble-talk.com / 転載禁止

名前 1戦目 2戦目 獲得P
01 アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア) 1位 15P
(221.44)
1位 15P
(221.00)
30P
(442.44)
02 アリョーナ・コストルナヤ(ロシア) 1位 15P
(203.50)
1位 15P
(198.38)
30P
(401.88)
03 アンナ・シェルバコワ(ロシア) 1位 15P
(205.39)
1位 15P
(195.56)
30P
(400.95)
04 アナスタシア・タラカノワ(ロシア) 2位 13P
(190.69)
1位 15P
(190.05)
28P
(380.74)
05 イェリム・キム(韓国) 2位 13P
(191.89)
2位 13P
(196.34)
26P
(388.23)
06 アリョーナ・カニシェワ(ロシア) 2位 13P
(191.84)
2位 13P
(187.55)
26P
(379.39)
07 アンナ・タルシナ(ロシア) 2位 13P
(186.68)
2位 13P
(188.24)
26P
(374.92)
08 ヨン・ユー(韓国) 3位 11P
(183.98)
4位 9P
(171.85)
20P
(355.83)
09 住吉りをん(日本) 3位 11P
(174.96)
4位 9P
(171.65)
20P
(346.61)
10 ハエン・リー(韓国) 4位 9P
(165.42)
3位 11P
(180.48)
20P
(345.90)
11 セオヨン・ウィ(韓国) 4位 9P
(176.50)
4位 9P
(167.57)
18P
(344.07)
12 横井ゆは菜(日本) 6位 5P
(173.15)
3位 11P
(184.09)
16P
(357.24)
13 吉岡詩果(日本) 3位 11P
(169.82)
6位 5P
(175.19)
16P
(345.01)
14 荒木菜那(日本) 5位 7P
(176.14)
5位 7P
(165.80)
14P
(341.94)
15 川畑和愛(日本) 5位 7P
(173.84)
5位 7P
(167.49)
14P
(341.33)
16 イ・クリスティ・リュウン(香港) 4位 9P
(177.22)
7位 4P
(159.41)
13P
(336.63)
17 クセニア・シニツィナ(ロシア) 3位 11P
(187.91)
無し 11P
(187.91)
18 ヴィクトリア・ヴァシリエワ(ロシア) 3位 11P
(182.87)
無し 11P
(182.87)
19 ティン・スイ(アメリカ) 5位 7P
(156.04)
7位 4P
(172.74)
11P
(328.78)
20 ジフン・ト(韓国) 7位 4P
(162.40)
5位 7P
(164.96)
11P
(327.36)

◆上位選手以外はISUのサイトでご確認下さい→

昨年のジュニアグランプリファイナル2017の出場国は、「露・露・露・露・露・日」で、6位の紀平さんの獲得ポイントは24Pでした!(1戦目2位、2戦目3位)

ジュニアグランプリファイナル2017の出場選手→

今年もロシア勢がほとんどを占めそう…。

スポンサーリンク




 - フィギュアスケート